パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

チェコ代表

サカヲタのプラハ旅行記:街でみかけたサカネタ

結局、今年中に旅行記は書けなかった。来年こそは書くつもり。簡単に更新出来そうな街ネタで今年を終えよう。 … バーツラフ広場から1本入った観光地の時計屋さんで見掛けたパベル・ホルバースのポスター。さすがチェコリーグ最高のゲームメーカー。さすがの…

サカヲタのプラハ旅行記:なでしこリーグ化するデュクラ・プラハ

デュクラ・プラハ×ムラダー・ボレスラフ、2012/4/29、17時開始、100コルナ、観客数2347人 デュクラのホームna julisceはプラハ6区、地下鉄A線の終点dejvickaから北の住宅地へ登っていく方向にある。実際に行く時は、地下鉄hradcanska駅から地上に出て、鉄道…

サカヲタのプラハ旅行記:若い選手の登竜門になっている2部リーグなんて存在するの?

スパルタ・プラハB×ボヘミアンズ・プラハ、2012/4/28、10時15分開始、50コルナ、観客数408人 〜以下自分語りなので本題まで飛ばし読み推奨〜 「チェコの2部リーグでも観に行こうか」、そう思い立ったあなたがもし旅慣れたサッカーライターなら、スマホでクラ…

サカヲタのプラハ旅行記:Jリーグ化するスパルタ・プラハ

スパルタ・プラハ×シグマ・オロモウツ、2012/4/27、20時15分開始、240コルナ、観客数7228人 首都プラハをホームにするクラブは沢山あるので、いい加減スパルタばかり見たいわけではないのだが、旅行の日程と合うカードの巡り合わせで、2000年、2006年に続い…

サカヲタのプラハ旅行記:プラハ到着まで

一応、EURO2012チェコ代表応援連動企画。旅行の日程は以下の通り。 4/26(木):ヴィシェフラット&キュビズム美術館、チェコフィル@ルドルフィヌム 4/27(金):ターボル遠征、スパルタ・プラハ対シグマ・オロモウツ 4/28(土):スパルタ・プラハB対ボヘ…

見られなかったプラハダービー(2006年)

20年程前に読んだ『ファンロード』の田中芳樹特集で、恐らく田中芳樹の小説に出てくる表現だったのだろうこんな一節が書いてあった。「1回目は何の意味はない。2回目は偶然だ。だが3回目となると…」正確ではないが、確かこんな感じ。何となく印象に残った。 …

WOWOWでドイツ戦(アウェイ)

2007/10/17 昨日は、フル代表、五輪代表、ドイツ対チェコの3連戦を計画していたが、やはり五輪予選の途中で力尽きた。3時頃に目が覚めたら放送が終わっていたのでてっきりそのままのスコアだと思ってまた寝た。ついでに寝冷えしたのか、6時頃にひどい腹痛で…

CSでドイツ戦

2007/3/24、レトナ 昨年11月にひどい試合を生でみているため、それほど意外ではない結果。自分は基本的にチェコ好きのサカヲタなので、チェコサッカー自体は世間的に強くなくても面白くなくても、見ることが出来ればそれで構わないのだけれど、やはり有力国…

デンマーク戦

2006/11/15、トヨタ・アレナ、観衆:6852人(新聞発表) 望遠とかないちゃちなデジカメで撮影した上の写真で分かる通り、選手が間近な1階席で観戦。たまたま隣りに座った人がプラハに住む日本人留学生の方だった。その人の話によると、1階席100コルナ、2階席…

『スパルタ・プラハ対シグマ・オロモウツ』

2006/11/11、トヨタ・アレナ、入場料:110コルナ、観衆:5530人 小雨もぱらつく極寒の天候のなか、寒い内容の試合。スパルタが中盤でモタモタしては、オロモウツが奪ってカウンターを仕掛ける展開。どちらも精度を欠く。前半ロスタイムに左サイドの深い位置…

BS-hiでイタリア戦

2006/6/23初回放送、実況:田代純、解説:山野孝義 世代交代に失敗したなんて揶揄されているけど、終わってみれば、米国戦はユーロ96世代最後の輝きで、大会中にしっかり世代交代出来たということ。今日のピッチに立っていたのは、ネドヴェド、ポボルスキ、…

イタリア戦プレビュー

トマシュ・ガラセク(以下G):1996年6月14日、それはチェコ代表が歴史を刻み始めた日。チェコ代表がアンフィールドでイタリア代表を破った日です。あれから10年、再び我がチェコ代表はイタリアの壁を越えなくてはなりません。結果によっては、10年にわたっ…

BS1でガーナ戦

2006/6/17(深夜)初回放送、実況:田代純、解説:反町康治 3連勝も3連敗もある組だと思っていたので、結果は仕方ない。 ガーナの選手は皆テクニックがあって、前線からプレスをかけても軽くかわされるので、そこからリズムを崩された感がある。 ガラセクは…

BS1でUSA戦

2006/6/12(深夜)初回放送、実況:田代純、解説:関塚隆 正直「主力の老人達がコンディション調整に失敗すると3連敗もある」と心配していたので、まずはほっと一息。とはいえ、3人目が動き出している最中にボールを奪われると、かなり危ない。リスキーな戦…

余談として国内2部リーグ

ワールドカップとは関係なく進行していたガンブリヌスリーグの2部は6月4日に最終節が行われ、昨年秋に監督と喧嘩したポボルスキが移籍していたチェスケー・ブディヨヴィツェは2位に入ったので、多分来シーズンは1部に昇格するんじゃないかと思う。クラブに出…

CSでトリニダード・トバゴ戦

2006/6/3(深夜)初回放送、実況:中村義昭、解説:宮内聡 開始時のフォーメーションは、 ………09……… …………15…… ……11………… ……………08… …20…………… …………19…… 06…………02 …21……22… ………01……… こんな感じか。いま考えられるベストメンバー。60分辺り…

CSでコスタリカ戦

2006/5/30深夜放送、実況:西岡孝洋、解説:清水秀彦 開始時は、 ………09……… ……………17… 20…18…14 ………19……… 03…………13 …22……05… ………16……… 終了時は、 ………12……… …15…………… 07…18…08 ………20……… 06…………02 …22……05… ………16……

WC登録メンバー発表

EURO2004代表だったのに外れたのはボルフ/フブシュマン/ティツェ/バホウセク、代わって入ったのはコバチ/ポラク/ヤロリム/スタイナー。2年しか経っていないとはいえ、23人中19人が同じなのだから、新陳代謝が悪いのは否めない。長年ドイツブンデスでレ…

CS『チェコ対ノルウェー』2nd leg

2005/11/16放送、実況:倉敷保雄、解説:渡邉一平 内容は問わない。勝利を喜ぼう。ちゃんと調べてはいないが、予選で3敗したのに出場出来る国は多分チェコくらいのはずだ。32カ国中最下位のつもりで気楽に本大会へ臨めばよい。1ボランチがどうとか、電柱がど…

CS『ノルウェー対チェコ』1st leg

2005/11/13放送、実況:倉敷保雄、解説:渡邉一平 このカテゴリーの前回エントリーで「代表キャプテンに復帰したネドヴェドは〜」と疑いもなく書いてしまったが、ゲームキャプテンはスポット参戦のネドヴェドではなくガラセクだった。謝罪して訂正。というこ…

運命を決する10日間

チェコサッカー協会の公式サイトにメディア向けのスケジュールが発表になったので、乏しい英語力を駆使して訳してみる。 11/07 13:00 プラハホテルに選手集合 ///// 16:30 ストラホフで練習(メディアはスタンドで見学) 11/08 10:30 ストラホフで練習(メデ…

代理人の話

ミュラーというチェコ人選手が加入した関係で、国内サッカー板の神戸スレに興味深いサイトが貼ってあったので紹介する。 http://www.transfermarkt.de/index.html?anz=/spieler/spieler_von_land.php4?von=451&land_id=172 移籍情報を扱ったドイツのサイトら…

2005-06シーズンの日程発表

国内リーグの2005-06シーズン日程が発表された。予想通り1部は例年よりかなり早く5月14日に終了する。奴らワールドカップに行く気満々。2部の方は期待通り6月4日までやっているので、上手く組めばリーグ戦観戦とワールドカップ観戦を両立出来そう。 残念なが…

ニュースサイトみたいな事

予選前日だし、いろんなサイトから適当に抜粋。誤訳多々ありの予感。 6月4日のアンドラ戦はリベレツ、8日のマケドニア戦はテプリツェで開催。この一見温い国内シリーズで躓きませんように。8月17日のフレンドリーマッチスウェーデン戦はイエテボリ。9月3日の…

CS『チェコ対フィンランド』

2005/3/27放送、解説:粕谷秀樹、実況:西岡明彦 チェコ代表の出来は近年見た記憶がないほどひどかっただったわけだが、素直に見ればネドヴェドと怪我で欠場したガラセクの穴が大きかったと言えそうなところを、敢えて妄想を膨らませてみる。 妄想の前に一応…

『ワールドサッカーマガジン』

今売りの『ワールドサッカーマガジン』(No.105)に、チェコ・サッカーに関するザビエ・バレ氏執筆の記事が1ページ。 以前「ハシェクがサッカー協会会長に就任した」と書いた記憶があるのだが、それは間違いだった。今のところ、4月に行われる会長選へ立候補…

ニュースみたいなの

代表候補にヤン・ポラクが復帰。ブルックナー政権下では初。1999年に18歳でフル代表、2000年にはU-21欧州選手権、2001年にはワールドユース(アルゼンチンで日本ともやった)、2002年にはU-21欧州選手権、2003年にはU-21欧州選手権の予選で敗退、と訳分から…

CS「マケドニア対チェコ」

2004/11/19放送、実況:谷口広明、解説:渡邊一平 何度か書いているように、私はチェコサッカーの特徴を「同サイドに人数かけてショートパスを繋ぎながらいつの間にか誰かが縦に抜け出す事」だと思っている。これは代表でもスパルタでも一緒で、恐らく子供の…

小ネタとニュース

19時からのアルバニア戦をみようと急いで帰ってきたら、プロ野球に差し替わっていた。仕方ないので、NHK-BS1で放送されたルーマニア戦を加茂周氏の解説で堪能。「最後の5分はどんなレベルでも…」という話を聞いて「たかぎぃ〜」を思い出したのは内緒。 UEFA…

CS「チェコ対ルーマニア」

10/9、トヨタ・アレナ、実況:八塚浩、解説:渡邊一平 新チームになったものの、結局ネドヴェドとポボルスキに代わってヴァホウセクとハインツが入っただけ。持ち場の左サイドを離れて動く自由が許されていたネドヴェドに代わってロシツキ同様ディフェンス能…