パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

CS「第23節・FC東京戦」

2007/8/29放送、実況:西岡明彦、解説:田中孝司
芝が疲れていたのか、選手が疲れていたのか、技術的にレベルの低い内容で、最近は温かった田中氏も久しぶりに懐かしのネガティブ解説全開で、まあそんな試合。柏木は満足にトラップも出来ないし、カズが戸田や槙野にずれたパスを出すシーンも滅多にお目にかかれない。こんな試合に文句を言っても仕方ない。さっさと忘れるが吉。
ストヤノフと槙野が交代した時点で「今日の交代は浩司と柏木しかないだろう。でも、きっと一誠なんだろうな」という推測を立てたが、一誠は当たったものの、まさか青山まで代えるとは、相変わらずミシャの脳は読めない。2列目が死に体だった時点で今日は仕舞い。というか、クソ日程の中日だったし、今日はチームB(一誠/クワダ/ハンジェ)を先発させても良かったかもしれないが、まあ結果論。誰が疲れているだとかは、監督が一番よく分かっていること。土曜日の試合は、浩司と柏木で前後半45分ずつを分け合っても面白いと思うのだけど、恐らくミシャは両方スタメンなんだろう。
立ち上がりに好調だった一誠はあの失点に繋がったフリーキックで悪魔の心理サイクルに入るかと思いきや、その後は結構立て直し、後半途中まで元気にプレーしていたと思う。日々成長している。
今日の試合でストヤノフは救世主から一躍取扱危険物になりそうな雰囲気。3失点目の平山をマークしていたのはストヤノフだったようだが、CKがファーに流れたのを見るや平山を離して攻めの第一歩を刻んでいる。5失点目のスライディングも下手すると一発レッドだった可能性も無きにしもあらずだろうし、意外と爆弾。浦和戦で戸田もストヤノフも出場停止だったら、かなり笑えるところだった。そういえば2年前の浦和戦も誰やらが出場停止でカズがスイーパーをやってオウンゴールをやらかしていた。再現なるか。
前節、結構頑張っていた吉弘だが、モリッツァが戻ってきたらベンチ外。なかなか監督の序列は変わらないようで、少し気の毒。
可哀想だけど、木寺は井手口や池田昇平のような形でサンフの歴史に名を刻むことになりそうだ。
小川直仁レフェリー、J1初らしく検索するとJ2ではクソ審認定されているようだが、あのアドバンテージを見ながら相手ボールになった時点で1つ前のファールを取る姿勢は、個人的には嫌いじゃない。1失点目のきっかけになった一誠のファールは別角度のVTRで見ると正当な競り合いに見えるし、全体的に倒れちゃった選手の顔を見てから後付けの笛を吹き過ぎるきらいはあったけど、まあ夏休みにアホみたいに試合を組んで、日頃J2を担当しているレフェリーまで担ぎ出すにしても、生温い広島とFCTの試合だったら、優勝争いが絡むでもなし、と甘く見られている時点で、このクソ日程とともに甘受するしかない。
放送終了後、冷蔵庫を整理しようとアルコール類を飲んだら思ったよりテンションが上がった。携帯サイトの選手コメントもなかなかこないけど、こんな試合だから翌朝まで熟慮する必要もあるまい。