読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

BS1『BS特集』「世界をどう再生するか〜世界経済フォーラム2010」

2010/2/13初回放送、50分×2、エンドクレジット無し、出演:藤澤秀敏/岩渕梢/道傳愛子、スタジオゲスト:長谷川閑史(経済同友会副代表幹事)/緒方貞子国際協力機構理事長)
番組冒頭、フジサワンが「2003年から毎年のようにダボス会議を取材してきましたが〜」と言ったが、同じようにこのダボス番組をずっと見ているわけだ。
ちなみに今年のテーマはImprove the state of the world: Rethink, Redesign, Rebuild.
第2部のタイトルは「アジアへのシフト」だが、第1部のタイトルは表示されなかった。変な作り。
放送されたアフガン問題セッション(Rebuilding Peace and Stability in Afghanistan)のパネラーにアシュラフ・ガニという人物がいて、テロップに出た肩書きは「(アフガニスタン)元財務相」だった。てっきり内戦前の70年代に閣僚を経験して現在は学識者だろうと思って検索してみるとこの人物、カルザイ政権下の財務相でこの間の大統領選挙にも立候補していた。そんな権力に近い、生々しい人物ならそう書いておくれよ、NHK様。ちなみにユーチューブにあったこのセッションの冒頭での司会者の紹介(英語字幕付)だと、ガニ氏の肩書はAshraf from the Institute for State Effectiveness, and Ashraf was a key advisor at the summit in Londonだった。the Institute for State Effectiveness(http://www.effectivestates.org/index.htm)とは何ぞや。ワシントンにある団体みたいだが。
まあ、会議の模様がユーチューブとiTunesポッドキャスティングで全て聴ける時代にプロの報道が出来ることは、抜粋映像を紹介するだけでなく、専門家としての内容の分析と解説にならざるを得ない。マスメディアにとってはハードルがどんどん上がっていくね。