パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

百均でおろし金を買ったのが嬉しくてニンニクをおろしまくってラーメンに入れたら、味が微妙になった上にお腹も痛くなった。
3/25にミステリーchで放送していた『心理探偵フィッツ』の最終回というのを見た。2006年に制作されたスペシャルということでワイド画面になっていた。オープニングのクレジットで監督が偶然にも敬愛するアントニア・バードだと気付く。偶然の出会いに乾杯。知らずに見ている途中で作風からバードだと気付いたらカッコ良かったのだろうが、それほど通ではない。1995年にレギュラーシリーズが終わり、96年にアーンデールセンターが爆破され、97年にブレアの時代がやってきて、フィッツ一家は豪州へ移住し、戻ってきたら浦島太郎状態、という裏設定か。或いはマンチェ裏面史。トレインスポッティングブリットポップブーム以後のイギリスで起きた政治的経済的変化を音楽や映画を通して見聞きする機会があまりなかったのは、ショウビズ的な流行が終わってしまって日本へ情報が入らなくなったのか、単に俺のアンテナ怠慢か。バードも『ラビナス』の後、消息不明だと思っていたが、英国TV界へ戻っていたらしい。