パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

TVドキュメンタリー・ウォッチング終了のお知らせ

そもそもお前の言う「TVドキュメンタリー・ウォッチング」ってなんだという話だけど、要するに2012年頃からNHKで放送していた『ETVスペシャル』『地方発ドキュメンタリー』『NEXT』『BS1スペシャル』『明日へ』辺りのドキュメンタリーをほぼ全て録画してスタッフクレジットをメモする作業をしていましたが、それを年度末の2019年3月31日で止めますという話。

ゼロ年代の間は「インターネットは徹頭徹尾何の得にもならない好きな事をやるところだから、絶対に義務感から毎週チェックしたりはしないぞ。興味のあるテーマのドキュメンタリーしか見ないし語らないぞ」と心に誓っていたわけだが、2011年2月にゼロ年代のドキュメンタリーについてまとめた記事を書いた後、そこでいくつかの提案をしたこともあって多少なりとも義務感もわき、網羅性にチャレンジしてみることにした。

これまでメモったまま放置してきたのは反省している。リアルタイムでちゃんと表に出していけば誰かの参照元になれたかもしれないのに、サボってしまった。「誰も話題にしてないけど、このディレクターのこの作品、すごく良いよ」みたいな話をちゃんとリアルタイムでやるべきだったのだろう。まあ自分のパソコンの中で眠らせておいても仕方ないので、今更だけど順次ネットに上げていきたい。これは本当に申し訳なかった。

そんでまあ「何で止めるの?」ということをつらつらと書いてみよう。

前述したように、2011年2月にゼロ年代のまとめとしてこんな記事を書いた。

http://palop13a.hatenablog.com/entry/20110213/p1

上の記事で望みとして上げたこと。放送前にスタッフクレジットをウェブに上げて、視聴するか判断する材料を出してくれよ。放送後は視聴者とティーチインとかやってくれよ。ついでに番組制作で使用した参考文献なんかもクレジットするかウェブに載せてくれよ。その辺り。そんなに大した要求をしたつもりはなかったんだけどね。

まあ、全然実現しなかったね。業界内では放送前にメーリングリストみたいなものが出回っている風なツイートは見かけたりしたけど、一般向けに情報が出ている感じもなかったよね。それで「ドキュメンタリーは見てもらえない!」とかよく言えたもんよね。

そういえば以前にも書いたかもしれないが、ツイッターでTVドキュメンタリーの感想を書いたら「いいね」がつくので、つけた人の本拠地を見に行ったらどうやらそのドキュメンタリーの制作者なんよね、匿名だけど。それで放送前には相互フォローしている友人なんかには「今度放送する番組見てね」とかツイートしているんだけど、でも匿名だからいろいろぼやかして書いてて、宣伝にはなってない、みたいな。ネットに面倒ごとに巻き込まれたくない気持ちは分かるけど、でもまあ何かモヤモヤするよね。一般人に自分の番組を見て欲しいの、欲しくないの、どっちなの。

NHKディレクターは視聴者と研究者のハブになれ」みたいなことも書いたけど、逆に研究者やジャーナリストに「アイデアや取材協力者を盗むな」と告発された山口放送「奥底の悲しみ」「記憶の澱」や『ETV特集』「告発〜満州開拓村の女たち」が高い評価を受けて賞とか獲っちゃう業界だもんね。ドキュメンタリー業界は先行研究への敬意とか全然払う気もないんだなと痛感しちゃった。個人的には、文字表現と映像表現は全然違うから、文字の後追いで取材して映像に残すことも立派な創作だと思っているし、告発者の方々とは立場を同じにはしてないんだけど、それにしても番組の最後に参考文献1行上げるだけでも全然違うと思うんだけど、しないよね、やらないよね、できないよね。俺は歴史に関しては素人な映像作家の歴史観なんか知りたくないんだよ。「この歴史観歴史学会で主流の学説です。○○史の第一人者である××先生もこう書いてます」と残しておくことは、ディレクターの身を守ることにもなるんだよ、みたいなことも書いてきたけど、まあ何の意味もなかったね。やっぱ映像ディレクター志望者って、ハブじゃなくてクリエイターになりたい人達の集まりなんだろうね。当たり前か。

ゼロ年代から「ドキュメンタリーの内容ではなくスタイルを論じたい」という目標は掲げていたんだけれど、2011年以降は政治の季節過ぎてなんかやりづらいよね。ネット上での敵味方思考が強過ぎるというか。「一生懸命取材して頑張っているのは分かるけど、ドキュメンタリーとしての出来はあまり良くないよね」みたいなことを言うと、すぐシニシズム野郎ニヒリズム野郎とか自称中立という非難がきそうな雰囲気の昨今よね。内容についても白黒言わないと許してもらえない感じ。

震災関連のドキュメンタリーについて触れておこう。ゼロ年代のマイルールとして、基本的にはドキュメンタリーは録画保存しないぞという方針の人間だが、震災関連については2011年5月頃に「エンドクレジットがあるNHKドキュメンタリーはとりあえず軒並み録画して保存する」という例外規定を作った。ちゃんと全部見て、各地方局単位、個人ディレクター単位で素晴らしい仕事を評価したいと思ったので。要するに3年4年をまたいで「あの番組とこの番組、スゴイ出来が良いと思ったら同じディレクターじゃん」みたいなことがしたかった。けど、全然取り組めてない。これは本当に申し訳ない。NHKでは震災ドキュメンタリーを『明日へ』枠でずっと放送していたけど、熊本地震の発生辺りから東北地方にこだわらず且つ当時の証言集めにこだわらずといった感じになり、2018年は内容を見た上で保存もしなくなった。年度末でメモ終了する理由の一部には、もう震災関連の好TVドキュメンタリーは生まれないだろうという見切りもある(民放で毎年定点観測ドキュメンタリーを頑張って制作しているのは知っていますが、見ていません。ごめんなさい)。

NHK地方局制作のドキュメンタリーについて触れておこう。『地方発ドキュメンタリー』『目撃!にっぽん』辺りを毎週チェックしていると、番組を作っている地方局が偏っていることに気づいた。そしてその地方局にはかつて中央でディレクターとして活躍した人が管理職(制作統括)として赴任していることにも気づいた。たとえば、大阪の三村忠史/佐藤網人とか名古屋の板垣淑子とか福島の宮本康宏とか沖縄の松木秀文とか札幌の玉村徹とか広島の高倉基也とか。夕方のローカルニュース用に5〜6分のミニリポートを制作する若手を見て「おい、もう少し追加取材したら30分くらいのドキュメンタリーになるテーマじゃないか。東京に企画書出してみろ」とかつてのスタープレーヤーが声を掛ける文化がある地方局とそうでない地方局とでは若手の経験値格差がものすごいことになるのではないか。

全然内容に興味が持てなくて、ぼーっとながら見しながら最後にエンドクレジットだけメモした番組がなかったとは言わない。でも全然内容に興味が持てそうもないタイトルだなと思いつつ見始めたら「うわー、作品としてめっちゃ出来が良いやん。面白いやん」みたいな番組に出会えると、全録してて良かったな、ウォッチングも悪くないな、という気持ちになれた。でももうそれもおしまい。8年ほど頑張った。人生は有限。

余談だが、こういうエンドロールを作っている奴は、内容がどんなに良くてもマイナス3000点したくなるよね。まあ今どきの平たいデジタルテレビだと鮮明に表示されているのかもしれないけど、まだブラウン管で見ている貧乏人もいるんですよ。ちゃんとしてください。

f:id:palop:20190414005203j:plain

ああ、昔は良かった。

f:id:palop:20181225184736p:plain

f:id:palop:20181225183814p:plain

マーク・リラ「ネオコンは終わったか」

ネオコンのワシントン進出を可能にしたのは、アメリカ政府の特異な構造によるところが大きい。 主要政党と高い専門性を誇る官僚によって支配される傾向が強い議院内閣制と比較すると、アメリカの制度は穴だらけで、大きな文化潮流の影響を受けやすい。アメリカの政党は比較的弱く、官僚制度は二流で、連邦制度の意思決定は極度に分権的である。戦後、 アメリカの中央政府が拡大し責任が重くなるにつれ、議院内閣制度では通常官僚たちが行う知的労働のほとんどが、ブルッキングス研究所やランド・コーポレーションなどに「外注」されるようになった。アメリカの基本政策研究のほとんどが、これらの機関の「政策知識人」と呼ばれる人たちによって行われる。彼らはある分野、もしくは複数の分野の研究をし、議会の委員会で証言し、官僚に短期間任命されて専門分野の仕事を引き受ける。

マーク・リラ「ネオコンは終わったか」『アステイオン』Vol.68(2008)  

なるほど、そういう見方があるのか。米国の官僚と民間とシンクタンク回転ドアは素晴らしいとか、米国の三権分立は素晴らしいとか、そういう話ばかり聞かされてきたので、こういう視点の提示はありがたい。ほんとかどうかはわからんけどね。そういう話ばかり聞いてきたのはお前の勉強不足だと言われればごもっとも。

アステイオン創刊30周年ベスト論文選 1986-2016 冷戦後の世界と平成

アステイオン創刊30周年ベスト論文選 1986-2016 冷戦後の世界と平成

 

 

竹中平蔵・大竹文雄『経済学は役に立ちますか?』

経済学は役に立ちますか?

経済学は役に立ちますか?

 

そもそもはツイッターで坂井先生のツイートを読んで気になり、手に取った。

https://twitter.com/toyotaka_sakai/status/1002007880684290049

読了してみると、さきほどのツイートはややミスリードかなと思った。確かに一読して「奨学金を一律に給付型にすることには賛成できない」というタイトルの節だけは、坂井先生が書くとおり、大竹先生が竹中先生を「人間の一生は一本線だから、企業みたいに多角経営してリスク管理ポートフォリオはできませんよ」とたしなめているけど、他は割と意気投合している。もちろん私が経済学のことを分かっていなくて、大竹先生一流の皮肉や諧謔が読めてないだけかもしれないけど、そもそも竹中先生と大竹先生の考え方は親和性あるよね。

竹中先生(1951年生まれ)は70年代にフリードマンマネタリズムに衝撃を受けてサプライサイドの経済学を専門にしました。大竹先生(1961年生まれ)は机上の労働経済学を地道にやっていましたが、合理的な選択をする個人を想定した新古典派経済学が労働者の分析にはしっくりこないと悩んでいたときに行動経済学に出会いました。そんな2人。

私も行動経済学進化心理学に親和的な人間だという自覚はあるので、いかに底辺労働者の身であろうとも竹中先生的な考えを正直あまり否定できない。というか、いろいろ著書を読めば読むほど竹中先生が好きになっていく予感。

 

竹中 2009年に誕生した民主党連立政権に社民党が入った段階で、終身雇用・年功序列こそが正しい働き方であるということを前提に作られた制度による雇用期限が、2018年までにすべて完了するからです。契約社員派遣社員はよくないと決めつけて、契約社員派遣社員)として同じ会社に3年間あるいは5年間勤めたら正社員、つまり無期雇用にしなければならないというようなルールができたのですが、その期限が2018年なのです。 (中略)終身雇用・年功序列こそが正しい働き方であるという歪んだ発想のもとに間違った規制を行ったために、例えば契約社員のままでずっと働きたいとか派遣社員のままで働きたいという人が辞めさせられてしまうということが起こりうる。無理な規制の矛盾は、これからたくさん出てくると思います。

竹中 ポピュリズムで大変なことになるというのは、日本では2009年の民主党政権誕生で経験済みです。それがよくわかったので、いま社会が安定しているという言い方もできなくはありません。 p.205

この辺はすごいよね。終身雇用・年功序列とそれを後押しする労組や労組に後押しされた革新政党を破壊することへの確固たる信念を感じるところよね。経済学云々以前の本人のイデオロギーだと強く感じるところでもある。坂井先生のツイートをよく読み直すと第3章に限定しているのか。それなら納得。逆にいうと第1章第2章辺りは意気投合した2人の掛け合いが楽しめるはず。

「ポリシーボードは国民全体のためにどういう政策がいいかを議論する場」という節で、なんで政策委員会に経団連や労組の代表が入っているんだ、そういうのは参考人としてヒアリングすればいいだけじゃん、委員に入れたら業界の利益を主張するに決まってるじゃん、という話はごもっともなんだけど、その流れで、

大竹 極端な話、ある委員会が開かれる直前に厚生労働省のビルの前で行われたデモの先頭に立っていた人が、 デモで演説をした後、そのまま委員会に委員として参加することもあります。p.35

大竹 それは感じています。「労働紛争解決システム検討会」の委員にも労働側の人たちがいて、委員会の直前に厚生労働省の前でアジ演説されていました。p.151

これ、同じ話よね。なんで同じことを2回も言った。よほど腹に据えかねていたのか。読んだときは母熊先生への当てこすりかと推測したが、「透明かつ公正な労働紛争解決システム等の在り方に関する検討会」の報告書を眺めた限りでは参集者名簿にいなかった。名簿を睨んだ限りでは、日本労働弁護団の徳住堅治弁護士辺りか。

そもそも本書の成り立ちがはじめににもあとがきにも書いてなかったんだけど、何かの雑誌の3~4回やった座談会をまとめたものなのかとか、この語り下ろし単行本のために集まって集中的に喋ったのかもよくわからないので、なんで同じことを2回も言った?

「反競争的教育によって助け合い精神は希薄になる 」という節で、

大竹 例えば、運動会の徒競走で順位をつけないとか(中略)当時の日教組は、生まれ持った素質や能力はみな同じであり、成績が悪い子がいたとしたら、 それは教育環境が悪かっただけだという思想で、順位をつけないということになったのでしょうが、予想外に「だから助け合わなくていい」ということになってしまった。

これはちょっと大竹先生大丈夫かな。徒競走で順位をつけないってエビデンスあるの。実は都市伝説という話では。それが日教組の影響だったとなるとさらにエビデンスが必要では。もちろんこれも本書の他の章と同様に「人間はそれぞれ得意なものは違うから、お互いに「これはあんたが1番、あれは私が1番」と認めあった方が助け合うようになるよ」という心理学のエビデンスを使った行動経済学の説明が発端なんだけど、挙げた例がやや微妙。

以上、つまみぐいではあるけれど、大竹先生の「可哀そうな人に可哀そうな物語で同情を集めて変な運動するより、心理学的な手当てで具体的に助けた方がwin-winじゃん」みたいな思想が垣間見えるはず。

どうでもいい余談なんだけど、「オーストリア=ハンガリー帝国(現在のチェコ)で生まれたシュンペーター」(p.234)がすごく気になった。チェコでかくね?「オーストリア=ハンガリー帝国モラヴィア地方(現在のチェコ)で生まれたシュンペーター」の方がよくね?と思ったんだけども、ウィキペディアシュンペーターの項を見たら「オーストリア・ハンガリー帝国(後のチェコモラヴィア生まれ」となっていた。うーん、どうやら編集者がウィキペディアを見て赤文字を入れたのかね。