パロップのブログ

TVドキュメンタリーの記録は終了しました

ETV『アンソニー・ホプキンス、自らを語る』

inside the Actors Studio/The Craft of Theaters and Film
毎月1回の大人気シリーズ(かどうかは分からない)。ホプキンス氏は雑誌のインタビューなどで常々「演技なんて、脚本を読んで、台詞を覚え、演じる、何も難しいことじゃない」「スタジオで高尚な演技論を戦わす連中は好かん」「ハンニバル・レクターも仕事の一つに過ぎんし、台詞はすぐに忘れる」と言っていたが、ここでは、演劇学校で教わった演技のテクニックを嬉しそうに語ったり、ハンニバルの役柄を「一生に一度の出合い」と言って台詞の一部を演じてみせたり、サービス満点だった。
(2001/3/4追記)ホプキンス氏は本当に小顔だ。番組のテーマ音楽をこっそりアンジェロ・バダラメンティが作っている。よく聞くといつもの節だ。