パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

つばきファクトリーライブツアー2019春・爛漫、福岡夜公演

2019/5/12、ドラムロゴス、17:00〜

つばき福岡夜公演の感想を書こう。例によって、ツイッターに連投しようと思ったらアホみたいに長くなったので、はじめからブログにしよう。140字に合わせて文章を練ったのもアホらし。

いま検索したら、新木場の2周年ライブから基本セトリは変わってないのね。DVDにもなっているし、ネタバレOKで書こう。ひなフェスの映像で「衣装、初めて見た、可愛いなあ」→「へー、新木場ライブの使いまわしなんだ」→「ヤター、リアルで見られて嬉しい」な地方民。

去年のハロプロ楽曲大賞で推しメンに投票して、1月に東京まで似顔絵書いてもらいに行ったところで、マイおみずブームは少し去っていたのだけれど(今冬はやなふな祭りだったし)、久しぶりに見るとやっぱり可愛かった。おみずはもともとジュンジュンまのちゃん系のビジュアルど真ん中だけど、今や道重ちゃゆの全盛期に勝るとも劣らない可愛さだった。

2019/5/14追記:私はアイドルをネタ消費してきた人間だけど、おみずはビジュアルも歌もダンスも好みど真ん中なのに中身には全然興味が持てないというこれまでにない稀有なアイドルなので、どう距離をとったものか戸惑っている。逆にもりとちはあれだけ歌って踊って可愛いのに、私にとってはそこにいるだけで自然と周りに人が集まる相関図消費の女王。

1曲目の『うるわしのカメリア』で浅倉ききちゃんのパートを秋山まおぴんが代わりに歌っているみたいで「おみずには分配されないのかなあ」と思いながらおみずを見ていたら、『春恋歌』辺りで一向にソロパートがやって来ない事に気づいたというか、そもそもマイクをハロプロ持ち(平行にして口に近づける)せず、マイクを立てて口から離してることに気づく。夜公演の入場待ちの間、暇つぶしに「つばき+福岡」でTL検索した結果、昼公演でおみずとまおぴんの声が不調だったのを知っていたので「あー、夜公演は歌わないのね」と私は理解した。おそらく2人ユニゾンパートは相方に任せて、本人のソロパートは誰かが代わりに歌うのだろうと。

最初のMCで山岸りこりこリーダーが「本日、小野はダンスのみの参加とさせていただきます」とか言うのかと思いきや、何の説明も無く流れていった。ここがまあ不慣れというか、その後の演者と客との齟齬に繋がった面はあるだろう。公演前におみずのソロパート分担は打ち合わせしてたの?してなくてその場のアドリブなの?と。

その後、少人数ユニットの『雪のプラネタリム』と『私のすごい方法』では、おみずがっつり歌ったので、逆にそっちにびっくりした。この2曲にこの日の全てを注力するつもりだったのね。

『表面張力』のおみずパート「グラつくと♪」が無音で過ぎた時、りこりこが斜め後ろ左隣りのおみずの方をハッと振り返ったのを見たけど、それが「あれっ?おみず歌わないの?」なのか「ごめん、カバーするの忘れてた!」なのかよく分からなかった。

アンコール1曲目明けのMC、横1列に並んでいる時には既におみずが半べそかいてて、その時点で「あー、これは話し始めたら余計に気持ちが高ぶって泣くやつだ」と想像がついたけれど、いざ挨拶のためお立ち台に上がると(おそらくお客さんに泣き顔を見せたくないという本人なりのポリシーが発動して)体ごと180度後ろを向き、お客さんにお尻を見せながら涙声でMCし、しばらく間を取って涙が止まった確信が持てたところで前を向いて全力の笑顔!という面白い感じになってしまった。面白いけどね。

いつも本人は狙ってあざといわけじゃないだろうけど、まあこれは女子に嫌われる女子だなと。そして豆腐メンタル女子大好きおじさんを捕まえられているかといえば今のところそういう感じでもないよね。既におっさんはこんこんの正統後継者島倉りか様に流れてる!

きしもんとりこりこが涙してたのは、もろもろカバーし切れなかったことへの悔しさかな。きしもんは素直に「おみずのパート、遠慮せずがっつり歌っていけば良かった」というパフォーマンス方向での後悔だろうし、りこりこは「私がもっとしっかりと舵を取っていれば…」っていうリーダーシップ面の後悔かな。

以上、泣いた話はこんなもんか。

ベリキューの意思を継ぐ者とか言っといてハロプロ全体の遺産を使いまくりじゃん。ズルいぞ。『乙パス』も『私のすごい方法』も好きな曲ばっかりで何の不満もないけど。むしろ私はベリキューに詳しくないし。キューの『超WONDERFUL!』は知ってたけど、ベリの『世界で一番大切な人』は分からなかった。セトリは回替わりが3曲あるみたいだけど、全て今回聴いたいわゆるパターンBの方が好きな曲ばかりでラッキー。しかし乙パス、あんなに何度と見たはずなのに元のパート割りなんて全然覚えてないもんだね。立ち位置も全然覚えていないもんだね。誰が誰の後継担当なのかさっぱり分からなかった。まっつーの1stアルバムは傑作だからツアー毎に1曲ずつ、5年で全曲やってもいいくらい。

シングル曲だと『純情cm』『二度シャワー』『就活』がセトリにないのかな。おー『低温火傷』もなかったか。持ち歌はまだまだ少ないのに春も秋もツアーしてるからワンパターンにならないようにしないといけないし、カバー曲で意思を継ぐのもいいけれど、去年の春も『JustTry』はセトリになかったし、1回も聴いたことがないぞー、こらー。「お前が行かなかった昨秋のツアーでやっとるわ!」と言われれば返す言葉もない。

りこりこがバキバキに踊れるところが少しだけ垣間見えるのは『気高く咲き誇れ!』と『ハナモヨウ』くらいか。そう考えると私が全く興味を持たなかった6人時代はもう少しダンスボーカルユニット感あったのね。9人になってガチ恋路線へ舵を切ったわけだが。ああでも『independent girl』の時の弾けっぷりは鈴木愛理チルドレンの片鱗が見られた。ききちゃんお休みでリーダーサブリーダーの2人曲になったのもあったのか、遠慮ない感じ。歌って踊って煽ってかっこかわいい感じが本人の理想形なのだろうと少し想像できた。

9人時代にビジュアルを初めて見て個人的には「新沼きそちゃんだけはないなあ」と思ったわけだけど、改めて実物を見るとファムファタル感ある。キンブレ振ってる根強いヲタがいるのも分かる。6人時代の曲をやるとパートがいっぱいあって推されていたのも分かる。雌伏の時を経てまたちょっと〈事務所の推され、本人のやるき、ファンの声援〉のアイドル必須トライアングルがいい感じになっている気はする。ちょっと俯瞰している感じがいいよね。いつの日かハロプロリーダーになってそうだけど、99年組まーどぅー世代は佐藤、川村、広瀬、新沼、加賀、森戸、岸本と、タイプの違うリーダーシップを持つ人材が豊富で面白そう。今年度でみんな20歳か。早いのー。

小野田さおりんはメンタルもフィジカルも強いねー。しかし去年の春と比べて握力の方は印象に残らなかった。ガツガツするの少し控えてる?私がガツガツするの控えられただけ?

アップフロント関西のIDぶら下げた女性がいた。東京から付き添っているマネージャーが当然いるとして、応援かな。

f:id:palop:20190514001816j:plain