パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

ハロプロ楽曲大賞2016

※2017年12月30日加筆。1年前を振り返ってみると、あんまりノリノリで投票した曲はなかった気がする。ちょっと不作の年。

1位 ランラルン ~あなたに夢中~/カントリー・ガールズ 2.5

「○○風に」という発注にちゃんと応えてこういう音楽作れるアレンジャーさんってすごいなあといつも思う。

2位 桜ナイトフィーバー/こぶしファクトリー 2.5

まだメンバーの声を聞き分けられなくて申し訳ない。

3位 One and Only/モーニング娘。'15 2.0

英語詞でEDMとかバラードとかやったら本場物と同じ土俵に上げられて比較されてつらいわけで、こういう娘。だけが持っている空気を移殖した感じが良かった。

4位 明日やろうはバカやろう/Juice=Juice 1.5

今年のJ=Jは武道館での『愛・愛・傘』『チクタク私の旬』『初めてを経験中』に尽きるっす。ああいう感じの、もっと作ってください。

5位 上手く言えない/アンジュルム 1.5

次々続々も愛のためもこれも諸手を上げて絶賛できない、良い所とそうでもない所と同居してて迷った。グループ全体としてはこの調子でいこう。

 

推しメン部門

カントリー・ガールズ 森戸知沙希

基本的には箱推し、人間関係ヲタ、わちゃわちゃしているの好きですが、まとめサイトのタグにあったら必ず見るという謎基準でちぃちゃんに。今年は盛土の年だし。

ヲタ活動

※2015年に続いてツイッターの過去ログを拾って雑なまとめにしよう。

2月14日(日)アンジュルム

どちらかといえばホールよりもライブハウスの方が好きだけど、そろそろコンサート90分+握手会30分ではなくコンサート120分にしてほしい。握手会はコンサートの前日にも当日にもCD予約販売会でいくらでもやっているんだし、握手のためにコンサートに来る奴ほとんどいないと思うのだが。

迷った末に行ったアンジュルムのコンサートだが、行って良かった。俺的には見納めになるだろうからとめいめい中心に見るつもりだったが、オープニングから髪を切ったむろたんに心を掴まれてしまった。ハロメンのビジュアル評価はあまりしない方だが、ショートカットむろたんがど真ん中過ぎた。

いつの間にか、りかこの背がすごい伸びてて、なおかつ以前からの手足を振りまくって大きく見せるタイプのダンスは変わっていないので、目立って目立って自然に目がいった。で、田村室田佐々木中心に見ていた。ユニット&ソロコーナーでもこの3人で1曲見たいと思った。

アルキメデスのように通りへ駆け出して「むろたんのキュートな魅力全開!」って叫んで触れ回りたい。むろたんに里山の野菜を大量に買わされて破産したい。しかしブログとか読み込んで内面まで知りたい感じでもない気もする。あくまで舞台の上で輝いててくださいというか。

※ここまでむろたんにハマってた記憶が全くない。

2月15日(月)福田こうへい

みんな大好き福田こうへいコンサートにきたよ。1日2公演とかCD買ったら公演後に握手会とかハロプロか!

観客席に双眼鏡・オペラグラス売りにきた!アップフロントも是非!

※スーパーマーケットに優待券が置いてあると観に行きたくなるマン。演歌歌手や舞台の人や声優さんの客いじりの上手さはいつ見ても感心する。営業に場馴れした雰囲気。

5月31日(火)モーニング娘鈴木卒業SP(ライブビューイング)

ライブビューイング楽しかった。りほりほコン同様に両隣が独り女子だった。右隣は眼鏡かけた地味OL風だったのに、始まったら緑のサイリューム振って最後の挨拶頃には号泣しててびびった。鈴木さん、女子人気あったんじゃのう。

モーニング娘さんとは音楽性の違いから疎遠になっていたけど、たまに見ると楽しい。今ツアーのセトリも見ていなかったから『声』のイントロが流れてきたときはキターってなった。つい最近「たまにはライブで橋本ゆかりんの『声』とかやらんもんかな」とか頭に浮かんだばかりだったからなおさら。

歌はふくちゃんと小田さんの2本柱に、まーどぅーをときどき起用する感じ? ふくちゃんは声優さんのキャラソンのように声色変えて歌い、まーちゃんは音域の得意不得意がありそうで、どぅーは平均点高いけど特徴に欠けて、結果小田無双になっている感じ?

大好きな『笑ってYOU』が聴きたかったけど、それはないものねだりというもの。

8月25日(木)ボーノ(ライブビューイング)

ボーノフェスタのLV着。まいおーるらいとすかいからのなつだからが観たいのう。

ボーノフェスタLVオワタ。マイクの音量が安定せんかった気がしたけど、楽器の音と人間の声を両立させるには、PAさんもその道の場数を踏まんと難しいのかのう。

美輪明宏感あった雅ちゃんは、他方ガキ大将ながら下々まで気配り出来る様がジュビロの名波サンのようでもあり、今後の同じような苦労を予感させた。

ポニーテールじゃない森戸ちぃさんが憂いを帯びた80年代アイドルのようでもあり、若干いなばっちょ要素をフュージョンして取り込んだようでもあり。

お気に入りのゆーあーまいふれんどが聴けて良かった。ストリングス隊バージョンよりは原曲のゆがんだギターの方が好きだけど。

キュートはたしか2010年頃のゼップ福岡で観て、好みじゃないと思ってそれっきりだったけど、最後にもう一度観たいと思った。今回もっとも見直した。認識を改めた。

※この頃から森戸ちぃマイブームが来たような記憶。

11月7日(月)ジュースジュース(日本武道館

最近のセトリからなさそうだとは思いつつも初めてを経験中が聴きたいのう。

ジュースジュースの武道館コンサート楽しかった。普通はソロコーナーやったり2人3人に分かれたりゲスト呼んだりしてうまく休んだり衣装変えたりするけれど、多少転換が不格好でも常に5人で舞台にいるところが真面目で不器用で彼女たちらしかった。

愛愛傘~チクタクのとき「可愛いパートだから次『初めてを~』来るかも」「いや、『香水』辺りに流れるかも」と心が揺れ動いた末にあのイントロが聴こえてきたときがハイライトだった。久しぶりにコンサートdvd買って、この3曲だけリピートし続けるかもしれない。

久しぶりに改めて見たちゃんさんは振りが大きかった。マジでエクササイズの教本dvd出したらいいのに。

あーりーの身体の曲げ方・折り方とかシャラポンに似ている気がした。遠くからでも口が目立ってて、サイコパスな殺人鬼の役をやってほしいなあと思った。絶対似合う。

かなともさんは個性的でうまいカラオケ歌唱から、ボイトレによってプロらしくなったけど個性が消える段階を経て、上手くて個性的な歌声にアウフヘーベンされた。すごい!

1階ファミリー席の前までみんなきてくれたのだけど、客を煽ったり振り付け踊ったりしながらぶつ切りパート割を歌うのってすごいスキルだなあと改めて思った。フルコーラスをソロで歌う方が絶対やりやすいよ。

※ライブブルーレイを買った。今どきの画質はこんなに良いのかと腰を抜かした。 

 

 …

12月10日(土)カントリーガールズ(ドラムロゴス

今日観たカンガルのコンサートはちぃちゃん可愛いちぃちゃん可愛いで90分過ぎた。どのくらい可愛いかといえば、2001年頃の85年組くらい可愛いといえば、カン梨華やカン紺藤の曲にも完璧な合いの手を入れられる皆さんには理解して頂けるはず。ハロカバは2009年辺りを境に懐メロ感が出る。

ダブルユーとか他にももっと良い曲あるじゃん、今の季節ならセクシースノーとか、と思ったけど、あ・の・ひ・とー♪の微妙なハモリパートの微妙さも本家を完コピしているようでほっこりした。

以前から「山木さんとサトタの声似ているなあ、稲場っちょとあさみも同じく」と思っていたのに、去年のライブだと受け持ちパートが逆なことが多くてちょっと残念に思っていたら、今回ばっちょのパートを山木さんがけっこう受け継いでてなんとなくサトタ無双な勘違いをしてしまいそうになった。

今朝ハロプロ楽曲大賞に入れた曲がなかなか出てこないので「アンコール後の最後の曲に違いない」と思っていたら結局やらなかったので、ありゃ?と思った。去年は手持ちの曲がないからカバー曲=カン娘の遺産を活用して偉いと思ってけど、仮にも今年のシングル曲をしないなんてよく分からん。

※2014年がおのれの嗜好がはっきりと確認できた年になり、2015年が各ユニットの単独コンサートにもだいたい足を運び、初めて日本武道館にもいった年になり、なんとなく満足してしまい、2016年は緩い活動になった気がする。土日がなかなか休めない今の仕事を辞めたら、ファンクラブ入って、福岡公演は軒並み申し込んで、最前列とか当ててみたいのう。