読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

Jsports「第20節・FC東京戦」

2010/8/21放送、実況:野村明弘、解説:田中孝司
当日深夜に放送してくれたので、久しぶりに情報を遮断して見ることが出来た。ありがとうJsports。
味スタの芝生はひどそうだった。
10分、ナカジの無軌道なドリブルのせいでアオがボールを奪われる。他人に迷惑かけ過ぎ。
ここ最近のストは、中央から両サイドにロングフィードするのを止め、自身が左右に開いた後で中央に角度を付けてフィードする傾向が出てきた気がする。
アオとナカジがドリブルでボールを運ぶ機会が増えている気がする。
24分51秒〜25分39秒(推定)、自陣に攻め込んできた相手にボールを回され続けているので寿人がヘルプに来るまでの目安は30〜40秒くらいか。
28分、手を上げてボールを呼んでいるフリーの浩司に出さない横竹! アイディアがないのか、勇気がないのか、恐らく後者。確かに難しい距離だったけど、別に通らなくていいのだから意図を持って狙うことが大切。
29分、何もプレッシャーがない中で得意のスーパー自殺パスを見せるナカジ。
前半は最近の記憶にあるなかでは最高の内容。ただ膠着しても選手を替えにくい流れだなあ、とハーフタイムには思っていた。
49分、ハギーの敢えて難しい選択肢を使うところは嫌いじゃない。
68分、森脇がセットプレー中に倒れた場面、巻き戻してみたら、掴み合いも競り合いもなく腕を振って肘打ちする所が映ってる。背番号は分からなかったけど背格好から推測すると多分キムヨングンか。訴えたらビデオ判定で事後でも出場停止に出来るレベル。森脇が「てめえか。覚えたぞ。絶対やり返すからな!」みたいな顔をしていたから心配したけど、何事もなく終わって良かった。

第464回totoは、3ダブル800円で13分の6当たり。