パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

BS朝日「ACL第4節・アデレード戦」

2010/3/30放送、実況:吉野真治、解説:松木安太郎
一応当日には試合を見たものの感想を書かずに放置してしまったが、あのオフサイドトラップが練習でもやったことがないぶっつけ本番だったことが後から判明したりするのだから良しとしよう。
前半は寿人のトラップが乱れ気味だったので疲れが溜まって調子がいまいちなのかと思えば、後半は思い描いていた通りの方向へトラップして相手を交わしていたのでどうしたのかと疑問だったが、試合後のインタビューを読むとJリーグACLの試合球が違うためのようだ。本人の言ったことを鵜呑みにしてはいけないだろうが。
一誠はマケレレマスチェラーノに育てていたつもりだったのに、ジダンリケルメのように育ってしまった。前にも書いたけど、トップ下で王様プレーしているところも見てみたい。
俺達のクワダはガチムチになって戻ってくるかと思えば、むしろ以前よりスマートになったような。もっと攻守に動きまわる役割を仰せつかってきたのかと思えば、意外と前線でカウンターを狙うように言われてたかのようだった。まだ連動しないでチグハグ感はあった。
俺一推しの横竹が自分の価値を証明してくれて嬉しい。縦パス出すのを怖がり過ぎのように見えたが、何本か引っ掛かっていたのを見るとパス出ししなくて横に預けたのは自分の実力を冷静に見極めたと言えなくもない。後は自信だ。DFとしての素質なら槙野や森脇よりあるかもしれないのだから。