パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

BS-TBS「第33節・ジュビロ磐田戦」

2009/11/28放送、実況:佐藤文康、解説:金田喜稔
toto第431回はダブル3口800円で13分の9。最終節はいける気がする、
携帯電話の充電器を壊したので修理に出したら新品が2100円もするというので、思い切って本体も買い替えようと値段を聞いたら、ゼロ円ケータイ時代で時間が止まっている人間には衝撃的な高価さで、買い替えを撤回しようかと思ったけど、乗りかかった船なので、今後はケータイからはてなを更新する練習でもしよう。
結局、高校サッカーの決勝も、なでしこ入れ替え戦もスルーしたのに、前売り券を買っていたので仕方なくレベスタアビスパホーリーホックを観に行く。見どころは試合後のフロント糾弾会くらいしかないという噂だったので、前半はhumeさんとこで紹介されていた水戸の中村英之を中心に観て、後半はアラタとタカサキを楽しむことにしたが、中村は開始ゼロ分に目の前のユタカとの距離を詰めるのに失敗していきなり失点。ジャンボを見失ってドンピシャヘッドを食らって2失点目、ユースケにワンステップで外されて3失点目と、全失点に絡む活躍ぶりだった。相手FWに囲まれてもグダグダキープしたり、妙に縦パスを入れるタイミングにセンスがあったり、サンフの面白ディフェンダーに加わる素養はありそうだけど、相手FWとの間合いが悪すぎるのでストッパーとしての緩さはカズ以下だと思った。伸び代があるならば広島へ来るよりも山形のコバ塾へ通った方が本人のためだと思う。

まだ見ていない3試合をすっとばかして、久しぶりに結果を知る前に磐田戦を見る。たまには負けなくて良かったような内容で勝つこともあっていい。
アオがいないとしんどい感じ。前半は裏へ裏へのロングボールを供給して中盤を広くするには、ストがいなくてもアオがいれば、という感じ。