パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

Jsports1「第25節・横浜Fマリノス戦」

2009/9/14放送、実況:君崎滋、解説:沖原謙
1カ月前の試合を今頃見るていたらく。その前に古いネタを消化しておく。
制裁金については、我那覇の件で抗議の署名をしなかった自分に何かを言う資格はない。他人事と放っておくと、いつか自分に返ってくるもの。
サッカー批評』のミシャ×西部は、あまり新ネタがなくて残念だった。西部氏なら具体的な練習メニューについての質問をしてくれると期待していたのだが、抽象的なフィロソフィー話が多かった印象。
ユース時代に「プレーは磐田の福西っぽい」と書いた福本がファジ入り。元々玉野出身みたいだし、両者にとって幸福な結婚になりますように。ちなみに「噂の森重は、ユースの福本を超える程の力量があるようにも見えなかったし、ましてや高校3年時の青山や田坂よりも能力があるとは思えなかった」と書いたこともある。選手の力量を見る眼の無さは折り紙付き。
2004年組最強説はよく聞くけど、木原もプロになるし2005年のスタメン(中野/平繁/木原/保手濱/柏木/福本/遊佐/横竹/槙野/中山/金山)もプロ率高いな。保手濱と藤澤は回収するのか、出来るのか。

5分、中央で楔を受けた寿人がヨースケにパス。前を向くと、ゴール前にイッセー、右サイドにミカ、遅れてアオがダッシュ。だがヨースケが囲まれてボールを失うと、ナカジがプレスもあっさり交わされる。その隙にアオが奪って前を向くストに下げる。その瞬間、最前線でラインを気にしながら裏に飛び出すタイミングを計るナカジ! 結局ストはミカに出し、ミカからナカジへのパスはずれちゃったけど面白かった。
17分、槙野がシミュをとられたシーン、最後尾からスト並みのスクランブルドリブルで持ってあがり、大外の槙野へ絶妙のスルーパスを出したのはナカジ!
39分、体勢的にはキープ出来たはずなのに、クリハラに吹っ飛ばされてフィジカルコンタクトの弱さを露呈したのはナカジ!
45分、カウンターになったけど、6番目くらいに出遅れたので、とりあえずアリバイフリーランをしてみたのはナカジ!
62分、猛攻を受け続けるなか、やっと取り返したボールをあっさりと自陣ゴール前でプレゼントパスしたのはナカジ!
92分、素晴らしい読みから相手パスをインターセプトすると、そのままスクランブルで上がっていったのはナカジ!
以前のフォーメーションは2シャドーと両WBが死ぬシステムといわれたが、最近は3バックがラインを下げ気味、3トップ(敢えてnot1トップ2シャドー)が前線に残り気味、結果アオとナカジが広大なスペースを上下動して死ぬシステムになっている印象。