パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事


福岡アンクラス×ルネサンス熊本を観に行く。先週はアビスパ×ロアッソだったわけだが、うまいこと同時開催にして盛り上げられなかったものだろうか。12時開始は素晴らしい。遅い朝食をとって歩いてスタジアムへ、帰って昼飯。11時でも13時でもない。無料でなければ潜入困難なレベスタのメインスタンドに初上陸。その代わり1000円でオフィシャルガイドブックを買って貢献。モックが撤退して去年は冠無しだったのが、今年はプレナス。また外食産業か。今ググったらプレナスの本社が博多区だった。試合はアンクラスの圧勝。格上が先制、格下が必死でボールを保持、格上はカウンターで加点、格下が動き過ぎて足が止まる、格上が反転してボールを支配。格上がリードしてプレッシャーから解放されると、ルーレットからペナ内ドリブルまで何でも出来るもんだという最後の15分。最後まで諦めない(というか手を抜かない)女子サッカーらしさは素晴らしいけど、何とか1点を取りに行く姿勢が逆に失点を重ねることに繋がっていく。昇格争いがあるので大勝している方も得失点差の都合上から大量得点を目指さざるを得ないという事情もあるはず。格下が負けてても攻めない水戸ナチオは、プロとしてゲームを壊さないという観点だと理があると納得。珍しいプレーを見た。コーナーキックがポストに当たり、跳ね返ったボールがキッカーの足元に戻り、それをキッカーが触った所で反則の笛。プレースキックは同じ人が連続2回触っては駄目なのか、間にポストを挟んでも。恐らくそんな理由だと思う。アンクラスで目立ったのはペルーレから来た14番。モノが違う。13番はドリブル鋭い小兵ウィンガー。試合後の地元オープニングセレモニーの様子を見るとムードメーカー。右足でプレースキックを蹴る7番はセントラルMFとして雰囲気がある。湯郷を知る者としては少し寂しいスタンドだったけど、セレモニーを見る限り福岡人は岡山人よりもノリが良い。
湯郷といえば、この間行われた美作市長選で当選したのは現市長から後継指名された人だったので、恐らく今後も大丈夫なんじゃないかと思いたい。