読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

年が明けてからずっと心ここにあらずだったのは、昨年12月22日に受けた最終面接の結果をずーーーーっと引き延ばされていたからで、ようやく連絡がきたと思ったら落ちた。正確には昨日電話があって「3月末の入社になります」言われたから「そのルーズさはどうよ。こっちは餓死するところだ」「考えさせて下さい」と留保して、でも背に腹は変えられないから今日「3月入社でよろしくお願いします」と電話したら「昨日の件を上司に報告したら『うちの社風に合わない』から」とお断りされた。確かにもし採用になって入社前に幹部社員と同席する機会があったら、

その1 選考の経緯があまりにも非常識で、まともな企業がすることとは思えませんが、社としての見解はありますか。
その2 私は御社の「連絡するする詐欺」に遭った被害者といえますが、待機手当/拘束手当のような補償をする考えはありますか。
その3 入社した場合、私も御社の非常識な精神に染まるべきでしょうか、それとも御社がまともな企業となるべく正気を保った方がよろしいのでしょうか。

という質問状を読み上げようと考えていたから、「社風に合わない」との判断はごもっとも。こっちとしては入社する前に言いたいことを言って、入社したらイヌのように大人しく働くつもりだったのだが伝わらなくて残念。
もう少し正確に書くと、12月22日の面接時に「年末までに連絡します。採用時は1月中旬入社です」と言っていた。12月30日に「1月15日頃結果を連絡」というメールが来た。1月19日(←送信時刻が23時。テラ残業スwwwって気の毒に思ったけど、今思えば同情しなければ良かった)に「再テストを受けて下さい」というメールが来た。21日に再テストを受けにいったら「来週には採否を連絡、採用の場合は2月中旬入社」って言われた。2月1日に催促のメールを送ったら、翌日「もうしばらくお待ち下され」っていうメールが返ってきた。それで昨日。「なんでそんなに時間がかかるんですか?」と尋ねたら「判断する者が海外にいましたもので」と返された。或いは昨日こっちが「御社以外に就職活動していなかったので」って言ったら「えっ、してなかったんですか?」って驚かれてこっちが驚いた。「来週には最終面接の結果を知らせる」と言われてから他の会社を探すのが社会の常識だったとは、俺も甘ちゃんだった。他にも「正社員で応募されたのに時給900円のアルバイト職を提案するのは出来るだけ避けたかった……」とか意味不明なことをごにょごにょ言ってたけど、給料とか待遇の問題じゃないから。どうしても採用したくなるような履歴を持った人材じゃないことは自分で分かっているから。時間や約束が守れない奴に腹が立っただけだから。マジでこの2カ月を返してくれ。心の収まりがつかなかったので、こっちに引越してきた日以来久しぶりに東平尾公園を散策してきたが、ロープを結ぶのにむいてそうな枝振りの木々や冷たくて深そうな沼ばかりが目に入ってきたので早々に引き上げた。もう手持ちのカードはないしライフはゼロ。今度生まれ変わった時は本田ユキドン先生が言うようなハイパーメリトクラシー=心にもないことをしらっと言う能力を身に付けよう。今日は気分転換に自分への御褒美にも残念会にも使うつもりで1月15日頃に買った安ワインを飲みながら宇多田さんの『DEEP RIVER』を聴いてさっさと寝よう。って18時くらいに書いたけど、夕飯を食ったら落ち着いた。まあ、昨日の電話を思い返すと「こんなしょぼい職務経歴でうちに応募してきちゃってwwwでもこの不況のなか34歳のおっさんを放り出すのも気の毒だからアルバイトで雇ってあげようかしらwww」というニュアンス満載だったと納得した。そりゃあ格下だと思ってた相手がキレるとか予想もしてないわな。