パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

就任式前後の音楽イベント目当てにCNNjを付けっぱなしにして1日を過ごすが、一番インパクトがあったのは、1時間毎に出てくるお天気アンカーのジェニーだった。
米を買ったらペットボトルの水をおまけしてくれたのだが、高梁川旭川流域で育った自分には水を買う習慣がないので、使い道に悩む。肝心の米だが、実家の実家から送ってもらう富山産こしひかりで育った自分が5キロ1500円の米で満足出来るわけない、ということもなく、味は大して変わらない。分からない。
2割引きだったやずっていう福岡県産の刺身を買ってみたが、検索したらはまちだった。地方名恐るべし。
パソコンを買ってネットに繋いで、最初に見知らぬ他人とコンタクトをとったのはアンケ・フーバーのファンサイトをしていた人だった。当時はテニスツアートーナメントの公式サイトなんかもしょぼくて、結果を入手するのも一苦労だったが、それはまた別の話。その人がアンケ同様に好きだったのがワイエスで、自分もその人に触発されてワイエスの画像を探す旅に出た。いまパソコン内にあるワイエスの絵画像のタイムスタンプをみると、2000年9月16日となっている。言ってしまえば、自分がネットで初めて仕入れた新しい知識。昨年12月にETV『日曜美術館』でワイエス特集をやっているのを流し見たが、今にして思えばちゃんとおけば良かったと少し後悔。自分の脳味噌にある米国的風景というのは『ビューティフルガールズ』や『ノーバディーズフール』に出てくる田舎の雪景色で、ワイエスペンシルバニアとは少し違うのかもしれないが、国民的画家と呼ばれるのは何となく分かるような気がする。