パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

『多元ドキュメント』『地球特派員スペシャル』ほか

NHK総合『多元ドキュメント〜新宿・歌舞伎町の夜と昼』
2008/12/30初回放送、約72分、〔菊地成孔パート〕ディレクター:源孝志、撮影:草柳徹也、プロデューサー:槙哲也、〔ダンスホールパート〕ディレクター:金本麻理子、撮影:須田眞一郎、プロデューサー:池田敏郎、〔美容室パート〕ディレクター:安野正樹、撮影:百崎満晴、プロデューサー:大里智之、〔将棋道場パート〕ディレクター・撮影:塩田一樹、プロデューサー:小堺正記、〔李小牧・権徹パート〕ディレクター:玄真行、撮影:三上隆雄、プロデューサー:田嶋敦、〔全体〕ディレクター:角野史比古、制作統括:滝沢昌弘/川崎直子、制作協力:ホリプロ/バサラ/東京ビデオセンター、制作:NHKエンタープライズ、制作・著作:NHK(〔〕内はエンディングの映像を見て便宜上勝手に付けた)
一番面白かったのは、真夜中の将棋道場パート。普通に喋っているだけでキャラが立っているおっさんだらけ。
飲み屋のシーンで、ダンスの先生がカメラでもなくダンスおっさんでもなく、画面外の女性ディレクターに向かって説明しているのが面白かった。狭い場所だったから仕方ないのだろうが、通常はカメラの後ろにディレクターがいて、そっちに話し掛けるとカメラの方を向くように考えてあるのだと分かる。こういう時こそ塩田編みたいにハンディつかえば良かったのに。
玄/三上/田嶋は『ようこそ先輩』セット。金本/須田/池田はマニラ市街戦セット。源/槙/川崎は個人的には駄作だと思った『ハイビジョン特集』「バブル鎮魂歌」セット。源×菊地は恐らく『大停電の夜に』繋がり。気心が知れた少人数のメンバーで身軽に、という意図もあるだろう。玄/金本/源が気鋭の外部で、安野/塩田が『にっぽんの現場』辺りで経験を積ませた期待の内部ディレクターといったところか。滝沢氏は、『Nスペ』でミスユニバースを特集したり、『一期一会』でAKBを出したり、NHKで民放みたいな面白い事をやろうと考えているのかしれないが、微妙に滑っている感がある。5本のエピソードを一旦混ぜ、それを時間軸で分割して“多元”にする意味が見出せないというか、普通に月〜金の年末特別放送枠をとって、5本×30分位でじっくり放送した方が良かったのでは。
それから、モザイクが多過ぎた。あれでは民放のプライムタイムにやっている『警察24時』となんら変わらない。顔出しの許可をとったのかとっていないのか、同じ通行人でモザイク有の人と無い人の基準がよく分からない。いわんやラブホ街の通りで画面の半分まとめてモザイクかけるとか、映像メディアのプライドはないのかと。森達也氏や綿井健陽氏のモザイク否定論に全面的に賛成するわけではないけれど。

BShi『地球特派員スペシャル』「壁崩壊から20年〜グローバル資本主義の未来」
2009/1/11放送(初回はBS1で1/1)、50分×2、撮影:江袋宏/小口修一/長谷川充、取材:遠藤俊太郎、ディレクター:原田親/渡辺秀治/清水晶、制作統括:堅達京子/合津聖司/田中孔一、制作:NHKエンタープライズ、制作協力:スピリッツ・プロジェクト、制作・著作:NHK
勝手な印象だけど、地球特派員シリーズはNHKの偉い人が企画だけして、外部の制作会社が注文通りに取材して仕上げて、という流れ作業感というか、あまり作家性やスピリットが感じられなくてあまり面白くない。
ロシアの政府系シンクタンク社会計画研究所のファジェーエフ代表は他の番組でも見掛けた。NHK御用達御意見番になったか。
ロシア対グルジアの件で、ロシアの侵攻としているのは意外だった。冷戦時代と違って2003年以降はマスメディアも、最近の地域紛争を親米=善、親露=悪という見方をする癖が抜けたかと思ったが。
フォードに勤めて、6LDKの家に住んで、クルマ3台持ってて、2年毎に新車を買って、月収72万だったのが29万になったというおっさんが出てきた。いわゆる米国の貧しい労働者像とは違っていた。月収20万でサブプライムで家買って冷凍チキンとポテト食ってた人が失業して家を追い出されたって、ぶっちゃけ統計的な意味での消費活動量には大した影響もないわけだが、72万→29万という例を聞いて米国社会の消費の落ち込み、中産階級の没落が体感で納得出来る。金融危機の後で報道された貧困層の困窮も証券マンの失業も、極端を見せて満足するというテレビメディアらしく、少しピントが外れていたと言わざるを得ない。

RSK『限界 吾(わ)の村なれば』
2008/5/25放送、90分、ナレーション:永井一郎、撮影:藤井智照/花坂匡浩、構成:曽根英二、製作著作:RSK
検索すると、まず2007/5/31に山陽放送RSK)のプライムタイム(『VOICE21』内)で放送され、2007/11/19にNews23内でショートバージョンが放送されたもののよう。自分は夜中の放送を録画した。「もう少し良い時間帯に放送したれ」と思ったが、ドキュメンタリーにしては割と優遇されていた。
制作者は豊島の産廃問題を取り上げたチーム。
登場人物の心理描写を全てナレーションで説明してしまう手法は、今時のドキュメンタリーとしては珍しい手法かと。