パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

CS「第31節・ヴァンフォーレ甲府戦」

2008/8/16放送、実況:前田真宏、解説:外池大亮
向こうが最終ラインまであまりプレッシャーにこなかった前半にストが長いボールを蹴っちゃって、ハジを投入してキーパーにまでプレッシャーをかけてきた後半に後ろから繋ごうとする。久しぶりにサッカー脳が悪いサンフレッチェを見た。元々サッカー頭はよくないチームだったけど、J2で勝ち続けているうちに勘違いしそうになるところは怖い。1対1もそう。浩司や青山がJ2選手相手にボディコンタクトで圧勝しているのを見ていると、フロンターレ辺りのドリブルに誰も当たりにいかなかった/いけなかった過去を忘れそうになる。
久しぶりにリードされて折り返し、ハーフタイムに次の采配を妄想して楽しむ事が出来た。個人的には高萩→結城で、ツインズをそれぞれ1つ前に上げることを希望。そこそこ外れ、そこそこ当たった。この2試合、高萩の出来が悪いが、天才肌の守備しないタイプと違って頑張って走っているから代えにくい選手になった。ただ、高萩の調子がどうこうではなく、柏木の存在感が増すにつれて高萩が活きなくなっているような気がしないでもないのが、気掛かりなところではある。
この試合の久保を見る限りコンディションは良さそうだし、久保ありきの戦い方を見たくなる。バイオリズム低下中の寿人や高萩をすぱっと休ませ、久保や楽山を起用する。前半戦とは別のチームでまた勝ち星を重ねられたらかっこいいんだけど、ミシャはしないだろう。
5人程いた警告リーチのメンバーが、前節の槙野を皮切りに順繰りで4枚目の警告を貰い、35節辺りからリセットされた面子でラストスパートを掛けられれば良いなあと思っていたが、現実はそんなに甘くない。次節は盛田-結城-槙野の3バック、カズとストの守備的MFなんてやってみたらと思う。