パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

昔読んだ覚えがある『セメント樽の中の手紙』という小説の著者をてっきり小林多喜二だと勘違いしていて、空前の多喜二ブームの中で何故話題に登らないのだろうと検索したら、全然違う人が作者だった。そりゃあ誰も話題にするわけがない。その流れから青空文庫で読んでみたが、だいたい記憶通りだった。この小説は2ちゃんで見かける労災事故による悲惨な死に方リストを連想させる。まさに悪ふざけとブラックユーモアは紙一重。