パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

プライズフェイ・ウォンとか出てくると困るのと、フェデラーが旗手をするというのとで、大昔の新聞スクラップの山を整理しながら五輪の開会式をダラダラと見たが、NHK史上でも稀に見る不出来な実況だったような気がする。恐らく主催者側から提供される報道資料がグダグダだったのだろう。リハーサルも未公開にする代わりに、本番では次々と画面に映っているモノやヒトに関する情報を流すのが最近のスポーツイベントだと思っていたが、そこまで意識が高くない人々が主催したことが推測される。「メッシがオーバーエイジ」とか主催者の用意した原稿をそのまま読んだら、視聴者の指摘が殺到してあわてて訂正する舞台裏が想像された。「リトアニアの国技はバスケットボール」とか言いながら、バスケット選手らしき旗手の名前すら言わなかったのには本当にがっかりした。