パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

5/11放送のWOWOW『ブラッドダイアモンド』を見る。最近は何らかの理由(目当て)がないと映画を見なくなったのだが、エンドロールで目当てをやっと思い出した。『アンジェラ』以来のエドワード・ズウィック信奉者としては、相変わらず社会的メッセージと面白物語りを共存させる能力に感心する。そういえば『マーシャルロー』もいつかそのうちに見たいと思っているいうちに9.11が起こり、それっきりWOWOWは再放送しなくなったような。ジャイモン・フンスーといえば、『アミスタッド』が公開された頃、自分と友人の3人くらいの間で「アミスタってる」という動詞が流行ったのだが、どうな状態を指すのだったか全く思い出せない。同時期に流行った「バスキアってる」が、路上にゴミが散乱して汚い状態を言うのは覚えているのだが。まあ、使っていたのは自分だけだ。
先月は見逃したCS無料の日に、M-onのカウントダウン100をチェック。すごい勢いで早送りしながら、女子校生の制服姿が見えたら巻き戻すという、まさに「動物化」した視聴。それを判ってて作っているのか、グリーーーンとかファンキーモンキー某とかユーイとか、動物相手に狙いに狙った商業主義的PVばかり作ってて楽しいのだろうか、という疑問もある。その中でアイディアに惹かれたのはTRIPLANEの「夏が終われば」。楽曲の方はミスチルフォロワーで終わりそうだけど、PV監督は出世するかもしれない(し、既に有名かも)。ポルノグラフィティのPVにパフュが出てきて驚いた。事務所内コラボの正しい方法というか、ハロプロの抱き合わせ商法のセンスレスさを改めて思い出す。

8/2放送のテレ東系『地球街道』はチェコ編の前編。「チェコの古き良き時代が好きなんじゃ」とか言って1920〜30年代の服装をしているテルチのおじいさんがやばい。チェコに行って大戦間期の古絵ハガキを何十枚も収集している自分並みに懐古厨。

ちなみに自分が2000年と2006年にハガキを買い漁った店(ttp://www.alfafila.cz/)は、バーツラフ広場からすぐなので観光ついでに寄る事も可能。2時間くらい椅子に座ってハガキを選別していると、ウィリアム・ハートみたいなおっさんが「ブランデー飲む? 昼間っからは無理? じゃあコーヒーは?」と言ってネスレのインスタントコーヒーをサービスしてくれるフレンドリーな店。最初のブランデーはジョークなのかと思って断ったのに、他の客や店員はみんな飲んでた。