パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

自分大好き、自分史大好きの人生がすっかり行き詰まったので、一人暮らしを始めた95年以来溜め込んでいたレシート類を処分した。12年間の消費生活がスーパーの袋1枚に収まったのは少し寂しい。捨てながら眺めていると、近所のスーパーやらドラッグストアやら家電屋やら潰れたところが意外と多かった。愛用していた近所の本屋も3月末で閉めると貼り紙があった。月刊テレビガイド誌を買う以外はほとんど立ち読みばっかりで申し訳なかった。
VHSの『フルハウス』や『ブルームーン探偵社』も処分。『マイアミバイス』なんかも含めて「権利の関係で挿入歌の使用が難しいからDVD化はない」とか言われていたものが続々とDVDになる現状では、保存するものなど何もない。でも『アンジェラ』は捨てられなかったりする。人間はなかなか成長出来ない。
レシートの整理をしながら、EURO2000のフランス×スペインをVHSからDVDへ移しつつ見る。同時代で最強だったルメールのフランスと、自分の夢想が実現したと同時にこの試合が最初で最後となったペップとエルゲラがスタメンで2センターハーフだったスペインの対決。当時はムニティス対テュラムばかりが目についたけど、いま改めてみるとフランスの左サイドで細かくパスを繋ぐジダン/デュガリー/リザラズボルドートライアングルばかりが印象に残った。恐らくジーコ先生もメンバーを固定してこういうのがやりたかったのだと思った。岩佐爺と田中孝司氏の水と油コンビは、前半こそ肯定し合って良い雰囲気だったが、後半は爺さんの問いかけに否定で返すいつもの田中節だった。
間抜けな失点をするエルゲラを笑ってやろうという趣味の悪い魂胆で3/3放送のWOWOW「エスパニョール×バレンシア」を見始めたが、エスパニョールのハゲが天才過ぎて笑った。ハゲの現役生活がメキシコかアルヘンの弱小チームで神になって終わったら、21世紀のサッカーも愛することが出来そうな気がする。ハゲが代わるまで倍速、エルゲラが代わるまで4倍速、残りは8倍速で消化。