パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

CS「第22節・横浜Fマリノス戦」

2007/8/26放送、実況:中村義昭、解説:川勝良一
旧聞に属することだが、先週の大分戦、俊介がピッチの真ん中ら辺から(サンフから見て)左サイドの方へドリブルを始め、右サイドの梅崎か高橋にパスを通された場面、俊介には槙野が後ろから追い掛けているのに、戸田も同じ角度の少し後ろから追い掛けてて「鈍足のおっさんがそっち方向から追っても無理やろ」と思ったので、戸田サイトで「あれは俺も行きすぎたなって感じ」と振り返っていたので安心した。あれで「周りの奴らが〜」とか言われたらどうしようかと思った。ただ、あれで決定的ピンチになったのは、服部が裏に抜け出されたのが悪いのかもしれないし、いっそ服部が(梅崎を)後追いの形になっているのが見えていれば逆サイドのカズがパスの出る瞬間にラインを上げることでオフサイドをとれたかもしれない。戸田だってどうせ追い付かないのならば、いっそ下田がシュートをキャッチした場合に備えて、俊介を深追いせずにカウンターの起点になる位置取りをしても面白かったかもしれない。
もちろん降格ラインがどうだの戦犯がどうだのという話も面白いが、サッカーは正解のないスポーツなんだし、ピッチ上の現象を見ながら起こらなかった可能性についてあれこれ考えるのも、たまには楽しい。

基本的には大島×槙野、坂田×カズ、CKは中澤×ストヤノフ。セットプレーでミスマッチが発生しないことが新鮮だったりする。
戸田と青山で山瀬兄を見ながら、河合がボールを持った時にはどちらかが高い所まで早めにチェックする、という役割分担で、前半はうまいこといっていたように見えた。青山は縦半分に割った右サイドに制限してプレーした方が判断しやすそうだが、彼の魅力は全方位的に動ける部分にこそあるという気もするし、なかなか難しい。
今日のアナザーさんはコンタクトプレーを流した。「Jリーグは笛を吹き過ぎ」という批判的な声に応える措置には違いないが、他のレフェリーと基準を揃えずに一人だけ実験的に導入されてもみんな戸惑うのは当然。マリノスとサンフという草食動物同士の試合だから荒れなかったが、浦和と川崎の試合であれをやったら、退場者3人では済まないかもしれない。マルクス田中なんか(故意の)肘撃ちしまくり。
ハーフタイムに考えたことは、後半に運動量が落ちるのは分かっているけど、多分ミシャは「今日は全員がバランス良くプレーしていたじゃないか」とか言って逆転されるまで動かないんだろうなあ、辺りだったが、今日はやけに積極的な交代策だった。
というのは嘘で、後半15分に、河合がボールを持っていながら、そばにいた戸田がチェックにいかないのは、周囲のマリノス選手をマークする選手がいないから、チェックにいけないのだろうと思って見ていた。浩司と柏木、特に浩司は、もう15分早く交代しても良かった。この試合の疲労だけでなく、サンフだけ中2日で3試合というイジメ日程の中で、60分の先発選手3人&30分の途中出場選手3人、という時間で機械的に割り切り起用をしないと週末にきつそうだから。
ストヤノフのテクニックはどうなのか、純粋にボール扱いというだけでなくミシャの思想にあった披露の仕方が出来るのか、と危惧していたが、1年前からいたのかと錯覚するような最終ライン回しだった。そしてなおかつ流れの中でどんどん上がっていくし。戸田が「もっと中盤の組み立てに参画したい」と言えば、ミシャが「守備の安定には自重してくれ」と返すなど、この半年間に対話して積み重ねてきた約束事がすっかりチャラになったのだったら、少し戸田には気の毒な気もするが。
「以前から浩司と青山の2センター、クワダと柏木の2シャドーの3-6-1的なカウンターサッカーをやったことがあるじゃないか」という考え方もあるが、実質初めての戸田&青山2センターは守備にかなりの安定をもたらしたものの、やはり最後のクロスに対して中が1枚足りない感も否めない。これでウェズレイが戻ってくれば、2トップ頼みのクソサッカーに戻るのも濃厚だし、誰かが悪いというのではなくて構造的に何かが足りないような消化不良。病気でもないし痛みでもないけど消化不良。
携帯サイトにあったミシャへの質問で「良いサッカーとは?」というのを尋ねたのは湯浅氏に違いないと予想し、湯浅氏のサイトを見にいったら見事に的中していた。

今月号の『サッカーJプラス』(vol.10)は、ミシャ×木村元彦氏のインタビュー、ナカノンのミシャサッカー擁護論も注目されるが、浅野賀一氏の記事「ボールポゼッションという言葉の魔力」も面白かった。「サンフはボール支配率50%以下の方が以上の時より勝率が高い」という、広島ウォッチャーなら何となく気付いていたことが数字として明らかになっていた。縦に長いボールを繋ぐからカウンターなのか、相手の守備組織が整わないうちに攻めるからカウンターなのかはよく分からないが、カウンターサッカーの方が得意。オプタは3バックが後ろでダラダラとボールを回しているだけで肯定的な数値を示すから、あまり健康的ではない。

今日は昼の12時から17時半まで5時間近く、フジ739で芸能人女子フットサルを見ていたわけだが、そこで実況をしていた中村氏に18時45分からまた遭遇して笑った。お台場から横国までどれくらいの時間が掛かるのか知らないけれど、テレビで見ているだけでも疲弊するのに炎天下でずっと実況とは本当にお疲れ様でしたと御同情申し上げる。