パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

CS「第20節・柏レイソル戦」

2007/8/15放送、実況:関根信宏、解説:野々村芳和
サンフ側からみれば、いつもの展開、いつもの結果、いつもの試合。パターンが同じだとなかなか書くこともない。でも名古屋戦とはうって代わって、お互いにボールを失うことを前提とした縦にスピーディなゲーム。バタバタする感じはしたけど、まあこっちの方が見ていて面白いと思う。特に2失点目までは、相手の長所を消すよりも自分の長所を全面に出した楽しいゲームだった。
試合開始直後の目論見としては、太田に槙野、菅沼にカズ、フランサを戸田と青山でサンドし、中盤は永井&山根×浩司&柏木で、李はフリーにしていいや、両アウトサイドが高めで勝負出来ればなあ、だった。実際、駒野は大谷に対してイエロー2枚目を誘発させるような仕掛けをもっとやっても良かったような気はする。ミシャ的にはフランサ×槙野だったのかもしれないが、選手自身はあまり受け入れないでうまく受け渡していきたい感じに見えた。でも、槙野が中央、戸田が左サイドに出る場面が結構あったということは、監督の指示を律儀に守ってプレーしていたのだろう。槙野にフランサ番をさせたならもう少し激しくいかないと、ちょっと自由にさせ過ぎたような。
37分、カズが奪ったボールを持ち上がろうとフランサの脇を「奴が守備するわけないぜ」みたく素通りしようとしたら、いきなり体を寄せてきて奪われたのが、個人的にはツボだった。ブラジル人なめすぎ。

危ないといいつつも、アウェイの大宮戦と横浜FC戦できちっと守ってカウンターの「仕事」仕様を貫徹出来れば(引き分けなら良し、勝てば更に良し)、残留出来そうな気はするけれど、そこで仕事出来なかったら本当に危ないかもしれない。
他にも書こうと思っていたことがあったような気もするが、土曜日までに思い出すことにする。1週間に3試合は多い。