パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

キャンプから帰って録画をチェックしたら、オールスターの開始時間を1時間間違えており、久保は録画出来ていなかった前半で退いていた。その上、ポップジャムは野球延長に備えて1時間多めに予約していたのに1時間半も延長しやがって、後藤が歌い始めて30秒くらいで切れた。予約録画して外泊するなんて年に1回あるかないかなのに、ガックシ。
Jリーグオールスター』。エジムンドのすごさを全国で実感してもらえたようで、嬉しい。
ロズウェル』「第54回」。お遊びをしつつ物語も進めようという野心が完全に失敗に終わっていた。
レバークーゼンドルトムント』。キルステンが引退したという事実を忘れてしまう。ノイヴィル/ブルダリッチベルバトフでフォワードの競争ならば、去年よりレベル低下だ。シマックとロシツキのチェコ司令塔対決。多分両雄並び立たない。シマックは今までのチェコにはないタイプ。バラックよりも前でプレーする感じで、背が高くてゆったりとボールを持ちつつパスもシュートもありというのはリヴァウドやカミネロ、ライーに近い感じだと思う。個人的にはロシツキとシマックがお互いを殺さないように並び立ったら最高だが、多分ない。まあ、ウーリン時代は「ポボルスキとベルガーは両立しない」なんて言いながら、最後は余裕で同時にピッチへ立っていたので、これもどうなるかは分からない。しかしそのシマック、性格に問題があるという話が漏れ聞こえるのと、自分が見た覚えがなかったので、チェコ本国では干されているのかと思いきや、シドニー2000で3試合とも出場していた(ちなみに自分のサイトの残骸で調べた)。最初の2戦は途中出場で、背水の陣になった最終戦は大幅にメンバーを入れ替えて望んだわけだが、トップ下に入っている。これらの事実からブルックナーがシマックをかっていたのか(切り札or使いづらいからベンチ要員)、同世代のやんちゃ坊主たち(バロシュヤンクロフスキ/ハインツら)はシマックと仲が良いのか(お前を使わない監督はアホだよなorお前なんか永遠に俺たちの控えだぜ)、何とも読めない。とりあえずオリンピックもU21欧州選手権もロシツキは既にフル代表だったためにスルーした。よって共演はしていない。うーん、欧州予選を放送するのならば、CSのサッカーチャンネルに入るべきだろうか。