パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

自分の事

今年も地獄の24時間テレビ、9分割の右端画面を見続けるという苦行を終えた(寝た午前2時半〜8時半は録画してまだ見てない)。地方独自の番組に泣かされる部分も多く、全部見ている意味がない面がないでもない。
BS1『レアル対ローマ』。レアル100周年とやらで米国で行ったらしいプレシーズンマッチ。上の番組のラストと被っていたので苦しかった。別に無理して見る必要はないように思われるが。グアルディオラが見られるのは2年振りか。カンビアッソも初見だが遠くからの映像しかなかった。ハゲか、金髪か。カッサーノはいかにもドキュンっぽいが面白いドリブラーだ。マッカ、サヴィオ、セラーダス、フラビオ・Cなど大売り出し中のはずだが今日の試合も見本市のよう。逆にポルティージョ、ミニャンブレスらは生き残りに向けて試練の時。これで開幕構想に入らなかったらそのままバジャドリードあたりに都落ちカシージャスが早めのリスタートみたいな実験をしていたが本番だともっと安全第一だろう。彼はキーパーとしてのスキルが伸びないうちに経験値だけが積まれている状態に見える。風格とか老成とも違うし根拠のない自信でもない何か。まさに中澤姐さん状態か。