パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

ハロプロ楽曲大賞2007

毎年書いているけど、個人的な選考基準は、メロディが好きか、歌詞が音に乗っているか(言葉の意味はあまり問わない)、それにプラスしてアイディアがあるか等々。初期の条件だった「そのユニットに合っているか」は、寺田メロディがあれば何でもOKということで消えた。それからCDでフルコーラス聞いたことがあるかだが、今年分で持っているのは、モー娘のシングル4枚とアルバム1枚とミニアルバム1枚、ベリエのシングル1枚、ガッタス1枚、辻アテナ1枚。狭い選択肢で申し訳ない。M-onでフルコーラス聞いた曲も多少はあるが、選考対象になるほど気に入ったのはなかったはず。毎年恒例になった1年遅れの初視聴組だと、CS-TBSのハロコンで見た『まっさら〜』とか確かに良い曲だと思ったし、石丸電気イベのテレビ番組で見たポッシボーは寺田×輸一の曲がかなり気に入ってファーストアルバムを買おうかと思ったが、結局は買ってない。例年通りPVは選ばず。オールタイム推しメンは辻さんだけど、アテナはカップリングともどもランクインさせるほどの出来ではなかったのが残念。

第1位「VERY BEAUTY」(4点)カン紺藤の『シャイニング』、ベリの『笑っちゃおうよ〜』と好きになる要素は揃っているはずなのに何かが欠けていた2曲を経て、素直に推せる真打ちが登場したという思い。ヲタおっさんに向けた思春期ソングとしては完成系。
第2位「春 ビューティフル エブリデイ」(3点)傑作アルバムから沢山エントリーさせようかどうしようか迷いつつ、制限して選ぶならば、これと3位の曲になる。これはもう亀井さんの声ファンだからとしか言い様がない。恐らく田中さんファンなら『シャイニーガール』を選ぶだろうし、個人の人気投票ではないかと非難されれば「その通りです。コーンめんなさい」としか言い様がない。
第3位「BE ポジティブ!」(1.5点)2年前は『声』ではなく『レモン色〜』を選んだ。今回のアルバムの中だと『シャニムニ』の方が好きな時もある。今年は自分自身の人生的にもモー娘の物語的にも未来ある元気さよりも儚いせつなさがマッチした。
第4位「DREAMIN' 〜ガッタスブリリャンチスH.P.の応援歌」(1点)楽曲ヲタからすれば、当然タイトル曲の方が評価されるのだろうが、自分はアレンジ好きではなく声好きだから、カップリングの方を選択。線の細い子供声のソロパートがある初期のベリなんかも、あまり好きではない。それよりは数に任せた力強いユニゾンの方が好き。
第5位「みかん」(0.5点)今年後半のてらにゃは原点回帰の心境だったのか、癖はあるけど奇は衒っていない端正な歌詞を書いてくれたと思う。変にトレンド外し狙いは止めて、もっと自分の中にあるものを素直に書いてくれてもいいんじゃないか。普通にやって充分奇人なんだから。

自分はテレビに出ている娘。たちに惹かれた根っからの地方在宅ヲタだが、モ板(狼)でチェックするスレが、やじうめ/くまあず/nksk等々すっかりベリキューへシフトした。本体を見るのは週1回のハロモニだけだし、ラジオはガッタスだけでガキカメもキュートも聞いていない。なかなか物語を紡ぐ回路が見つからないし、真偽を確かめる術も減ったのでネタにも踊らされ易くなった。とはいえ、本体に関しては素直にCDを聞くのを楽しんでいるし、CS-TBSで放送されたベリコンやハロコンは流しっぱなしにして何度も結構楽しんでいるので、それほど悪くはないハロプロヲタ生活。
この間、東京へ行った時、当日券があれば土曜日の厚生年金会館へ行こうと企んでいたが、新宿のチケットを覗くと2階席でも9000円とか値が付いているので、恐らく当日券は出ないだろうと予想してスルーした。地元でのコンサートではいつも当日に窓口で「入れますか?」「もちろん入れます」だったので、亀井凱旋コンでも千秋楽でもないのに首都圏ではまだ2000人近く埋められることに驚いた。まあ「ふらっと見たいなら地方のガラガラコンへ行けよ」という話だが。