読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パロップのブログ

主にTVドキュメンタリーを記録します

フルシチョフ「質問したのは誰?」

TVドキュメンタリーのメモ代わりに。 ワシントンのナショナルプレスクラブでの記者会見 記者「こんな話があります。 共産党大会でスターリンの犯した罪をあなたが糾弾したとき、 聴衆の1人が無記名の質問状を提出したそうですね。 あなたは演説を中断し、質…

難民とハンガリーと私と時々メルケル

9月の初めくらいから何か書いておかないといけないとは思っていたが、自分の言いたい事をうまく伝わるように書ける気が全然しないというか、そもそも何を言いたいのかも自分のなかで整理されていなくて、放置していたのだけど、あまり放置しておくとタイミン…

92年組の現在地/福岡国際女子テニス2015

敬称略でいこう。 2009年3月の高校選抜テニスで、当時高校1年生(新2年生)だった美濃越舞、今西美晴、江口実沙のプレーを見て以来、ぬるく92年組を追いかけている。ランキングに違いがあると出場できる大会のレベルも変わる厳しい世界で、今年の福岡国際テ…

ジャック・ティベールによるバヒド・ハリルホジッチ

リール、それはわれわれの現代世界にあって、驚異的な人物バヒド・ハリルホジッチ監督によって率いられた1クラブ、1チーム、一時代前の男たちの風変わりな物語だ。 ジャック・ティベール(中村一夫訳)「欧州フットボール春秋」『週刊サッカーマガジン』より…

ハロプロ楽曲大賞2014

楽曲大賞というか、1年の締めくくりにハロヲタ活動を振り返る企画。 すなわち、8月13日朝に夜勤明け~仮眠して~夜に小倉港から夜行フェリー~14日朝に松山港~昼にサロンキティでジュースジュース(J=J)のコンサートを観て~夜に松山から高速バスに乗り~1…

ドキュメント72時間2014(年末リクエストベスト9)

「033地方プロレス3日間の旅巡業」 2014/1/10初回放送、25分、撮影:齋藤秀/沙魚川大介、取材:丸山拓也、ディレクター:中村洋三、制作統括:相沢孝義、制作・著作:NHK ・ 「034 260人の巨大シェアハウス」〈第8位〉 2014/1/17初回放送、25分、撮影:小西…

本田由紀『社会を結びなおす』

社会を結びなおす――教育・仕事・家族の連携へ (岩波ブックレット) 作者: 本田由紀 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2014/06/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 本田先生の肩書「教育社会学者」というのは、その活動…

横手慎二『スターリン』

スターリン - 「非道の独裁者」の実像 (中公新書) 作者: 横手慎二 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/07/24 メディア: 新書 この商品を含むブログ (6件) を見る 感想を書こうと思ったけど、紙屋高雪氏の書評http://d.hatena.ne.jp/kamiyakenkyujo/…

『ユマニチュード入門』

ユマニチュード入門 作者: 本田美和子,ロゼットマレスコッティ,イヴジネスト 出版社/メーカー: 医学書院 発売日: 2014/06/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 技法の具体的な例はなかなか面白いが、結局は“これは選択の問題であり、ケア…

アトレティコ・マドリード、1997年3月

〈お断り:このエントリーは、元々2013年12月頃に書こうとしていた『サンフ、ACL、ターンオーバー』というエントリーに付属して書こうと思っていたものだが、例によって例のごとく筆が進まず、そしてアトレティコについて書くなら今のタイミングしかないだろ…

ハロプロ楽曲大賞2013

2013年は曲単体で印象に残っているのはそんなにない。といっても悪い意味ではない。ハロステが毎週あり、2ちゃん狼のまとめサイトが複数あって隆盛し、たぶん2007年のハロコンとベリコン以来久しぶりにBS-TBSがコンサート(野音)を放送してくれ、ハロプロっ…

『「AV女優」の社会学』

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか作者: 鈴木涼美出版社/メーカー: 青土社発売日: 2013/06/24メディア: 単行本この商品を含むブログ (15件) を見る「子供の頃からAV女優さんのブログを読むことが大好きで、一日中ブログを読んでいる事…

全てのNHKドキュメンタリーは台本至上主義なのか?

何か撮りたい題材があったら、テレビ・ディレクターはまず、その世界について入念にリサーチして、企画書を書かなくてはならないのが普通だ。(中略)そして、構成表と呼ばれる台本にショットのリストや予想されるインタビューの内容(!)、ナレーション、…

RKB『シャッター 報道カメラマン 空白の10年』

http://rkb.jp/shutter/ ツイッターで適当に感想を呟こうかと思ったが、長文になったのでこちらで。「あの人は今」的な好奇心を満たす情報番組としてなら充分面白かったが、ディレクターが何かメッセージを伝えたくて作った作品として見るならば、かなり残念…

『キャパの十字架』をめぐるあれこれ

1.基本情報 ・文藝春秋2013年新年特別号に沢木耕太郎『キャパの十字架』掲載(2012年12月10日発売) http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/509 ・横浜美術館「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展(2013年1月26日〜3月24日、後援:NHK横浜放…

サカヲタのプラハ旅行記:街でみかけたサカネタ

結局、今年中に旅行記は書けなかった。来年こそは書くつもり。簡単に更新出来そうな街ネタで今年を終えよう。 … バーツラフ広場から1本入った観光地の時計屋さんで見掛けたパベル・ホルバースのポスター。さすがチェコリーグ最高のゲームメーカー。さすがの…

ハロプロ楽曲大賞2012

年1回くらいはハロプロの事をまとめて書いておこう。娘コンサート(11/18)の感想とかも含めて。 自分は元々ディクシー・チックスもフェイ・ウォンも松浦亜弥もフラットに扱って聴くガールポップ好きなので、過去のハロプロ曲だと楽曲派が絶賛する尖った曲よ…

国王に王冠を!

いつも過去のデータを調べるのに活用させて頂いているサンフレッチェダイアリー様(http://seto.way-nifty.com/thisweek/)によると、千葉和彦の獲得が12月15日。 2011/12/16 千葉獲得を発表 サンフレッチェは昨日、新潟のDF千葉和彦選手を完全移籍で獲得…

サカヲタのプラハ旅行記:なでしこリーグ化するデュクラ・プラハ

デュクラ・プラハ×ムラダー・ボレスラフ、2012/4/29、17時開始、100コルナ、観客数2347人 デュクラのホームna julisceはプラハ6区、地下鉄A線の終点dejvickaから北の住宅地へ登っていく方向にある。実際に行く時は、地下鉄hradcanska駅から地上に出て、鉄道…

サカヲタのプラハ旅行記:若い選手の登竜門になっている2部リーグなんて存在するの?

スパルタ・プラハB×ボヘミアンズ・プラハ、2012/4/28、10時15分開始、50コルナ、観客数408人 〜以下自分語りなので本題まで飛ばし読み推奨〜 「チェコの2部リーグでも観に行こうか」、そう思い立ったあなたがもし旅慣れたサッカーライターなら、スマホでクラ…

サカヲタのプラハ旅行記:Jリーグ化するスパルタ・プラハ

スパルタ・プラハ×シグマ・オロモウツ、2012/4/27、20時15分開始、240コルナ、観客数7228人 首都プラハをホームにするクラブは沢山あるので、いい加減スパルタばかり見たいわけではないのだが、旅行の日程と合うカードの巡り合わせで、2000年、2006年に続い…

サカヲタのプラハ旅行記:プラハ到着まで

一応、EURO2012チェコ代表応援連動企画。旅行の日程は以下の通り。 4/26(木):ヴィシェフラット&キュビズム美術館、チェコフィル@ルドルフィヌム 4/27(金):ターボル遠征、スパルタ・プラハ対シグマ・オロモウツ 4/28(土):スパルタ・プラハB対ボヘ…

TVドキュメンタリーにおける肩書テロップ

たとえば60年安保のドキュメンタリーを作る時、当時の中曽根康弘氏の史料映像を流す際に「元首相」という肩書テロップを入れたら、事実として間違いではないがこのテーマこの映像へ付けるには相応しくないと感じるだろう。個人的には「改憲派衆議院議員(当…

美濃越ワールドへようこそ

このエントリーでは、今月13日(日)から久留米市高野の新宝満川地区テニスコートで行われる久留米市ベストアメニティカップ国際女子テニス(http://www.itf-kurume.jp/wp/)の予選に出場する予定(キャンセルあるかも)の美濃越舞選手(http://mai-minokosh…

見られなかったプラハダービー(2006年)

20年程前に読んだ『ファンロード』の田中芳樹特集で、恐らく田中芳樹の小説に出てくる表現だったのだろうこんな一節が書いてあった。「1回目は何の意味はない。2回目は偶然だ。だが3回目となると…」正確ではないが、確かこんな感じ。何となく印象に残った。 …

ドキュメンタリーにおける主観と客観を巡って〜NHKスペシャル「南相馬 原発最前線の街で生きる」

『Nスペ』「南相馬 原発最前線の街で生きる」 2012/3/9初回放送、57分、取材・撮影:菅井禎亮、ディレクター:国分拓、制作統括:岩堀政則、制作・著作:NHK (参考)Togetter:ドキュメンタリーにおける主観と客観を巡って〜NHKスペシャル「南相馬 原発最前…

『ブレア回顧録〈上〉』に関するメモ

ブレア回顧録 上・下2冊セット作者: トニー・ブレア,石塚雅彦出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2011/11/21メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見るまだ〈下〉は読んでいないけど(13日までに図書館へ返却! 無理!)、…

BS1『ドキュメンタリーWAVE』2011/4-2012/3

・去年初めには、制作会社別にドキュメンタリーをまとめたいとか書いたが、はてなダイアリーの形式だと難しい。時系列の方がやり易いよねってことで。livedoorwikiとか使った方が良いのかもしれないが、まず使い勝手の良いスタイルを探って見つけるのが既に…

NHKの公共性に関するちょっとしたメモ

2011年4月2日深夜27時からNHK-BS1で以下の番組が放送された。 「連帯 融和そして平和〜アフリカ・マリの歩み」 2011/4/2初回放送、50分、制作:マリ共和国文化省/マリ国営放送ORTM/NHKインターナショナル、制作・著作クレジット無し 当時は震災から日も浅…

『世紀転換期のプラハ』に関するメモ

世紀転換期のプラハ―モダン都市の空間と文学的表象作者: 三谷研爾出版社/メーカー: 三元社発売日: 2010/03メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログを見る モダニズムを担った知識人の多くはブルジョワ家庭に生まれ、ブルジョワの階層文化のただ…

Buono!ライブツアー2011summer

2011/9/3、福岡ドラムロゴス、整理番号589、17時15分開場、18時開演 愛称で呼ぶのは抵抗があるおっさんだが、気を使うと却って書きづらいので、この項だけは愛理、雅、桃子で書こう。 耳にしたことがあるシングルヒット曲がどれも結構好きだったので、生演奏…

BS1「第13節・鹿島アントラーズ戦」

2011/5/29放送、実況:横井健吉、解説:福西崇史 昨日今日でベガルタ戦、ガンバ戦、ジュビロ戦、エスパルス戦、ヴァンフォーレ戦をムジリのプレー集作りながら見た。まあ、要するにアオと水本がいる時点までだからあまり今後の参考にはならなかったわけだが…

『Nスペ』「クジラと生きる」

2011/5/22初回放送、50分、撮影:富永真太郎、取材:遠山哲也/西村喜良、ディレクター:鵜飼俊介/大坪悦郎、制作統括:猪俣修一/大塚秋人、制作・著作:NHK・大阪/和歌山 番組は、海外からの批判に曝されて戸惑う太地町民の生活を描くのが狙いで、捕鯨賛…

今日23時〜の『BS世界のドキュメンタリー』再放送は松本武顕作品!

もうすぐ『BS世界のドキュメンタリー』「ホーチミンルートを行く〜勝利に導いた2万キロの戦略路」の再放送があるので、良いタイミングだと思って紹介する。これまで本ダイアリーで扱った松本武顕ディレクターの作品は以下の通り。 『BSドキュメンタリー』〈…

今日は23時から傑作『BS世界のドキュメンタリー』「告白 coming out」の再放送があるよ

『BS世界のドキュメンタリー』「告白 coming out」 2010/11/6初回放送、50分、撮影:今井巧、音響効果:新井誠志、コーディネーター:福森伸一、取材:小林未緒、ディレクター:久保田直、制作統括:茂木明彦/三浦尚/久保田直、制作:NHKエンタープライズ…

ゼロ年代の“TV”ドキュメンタリー

この処TVドキュメンタリーについてほとんど更新していないが、TVドキュメンタリーを見ていないというわけではない。いや、見てメモを取ったままにしている番組もあれば、録画したまま見ていないのが沢山あるというのが正確な処か。というのも私がドキュメン…

ファベーラの十字架/国分拓/ヤノマミ

『BS世界のドキュメンタリー』「ファベーラの十字架 2010夏(A Crus da Favela)」 2010/11/3初回放送、50分、独白:Quarenta(40口径)、取材協力:伊藤大輔 ほか、撮影:菅井禎亮、コーディネーター:木下庸子、ディレクター:国分拓、制作統括:山本萬、…

自分の事

意地になって続けている独りバースデイパーティ。安ワインとオージービーフは揃ったものの、福岡のスーパーには2つのメーカーのうち安くて美味しい方の粉末マッシュポテトが売っていないので、そこは妥協せざるを得なかった。 何の脈絡もなく、突然サッカー…

日米安保関連

検索用キーワードのところのカッコ内は、作品中のテロップに付いていた肩書。「当時」「元」は外した。有名な政治家はともかく、市井の人々のように出てくる人を検索したら市民運動や経済分野で名を成した人であったりするので面白い。米国大使館員なんかも…

モーニング娘。コンサートツアー2010秋

2010/10/24、福岡サンパレス・昼 これまで何度も書いてきたように亀井さんの歌声フェチなので、最後のステージくらいは聴いておこうと2006年秋以来の娘。コンサートに行ってきた。 娘。のマイナー曲については『SEXY 8 BEAT』までで時が止まっていたので事前…

『シリーズ証言記録・市民たちの戦争』

とりあえずスタッフクレジットのまとめを中心に。 … 〈1stシーズン〉(http://d.hatena.ne.jp/palop/20100407を参照のこと) 「強いられた転業 東京開拓団〜東京・武蔵小山」 2009/8/9初回放送、45分、撮影:郷田雅男、ディレクター:誉田朋子/廣瀬学、制作…

柳澤寿男とバルカン室内管弦楽団関連

以下の3作品を見た後で柳澤氏の公式サイト及びブログを読んだところ、テレビでは省かれていたり分かりにくかったりするところも理解できたので、先に読んでから見た方が良かった。2010年の日本放送文化大賞グランプリを受賞したBSジャパン版の方は、年末に再…

Jsports「第34節・名古屋グランパス戦」

2010/12/5放送、実況:吉田太一、解説:森山泰行 広島ユース出身者を外した金満サンフレッチェを考えてみた。 ・忠成・・寿人・ ・山岸・・山崎・ 服部・・・・ミカ ・中島・・青山・ ・・盛田スト・・ ・・・西川・・・ 結構いけそうな面子ともいえるし、何…

Jsports「第33節・ベガルタ仙台戦」

2010/11/29放送、実況:君崎滋、解説:吉田安孝 入場時、カズとシャイニングが話しているのは当然として、ギシさんと多分赤嶺らしき人は何繋がりだろうかと思ったら、同い年だったとは。でも年代別代表で一緒だったことはなさそう。2008年4月の日本代表候補…

Jsports「第32節・清水エスパルス戦」

2010/11/24放送、実況:田中雄介、解説:田中孝司 サンフレッチェの選手が年代別代表に呼ばれる機会が減りつつある昨今だが、ユース年代からJFAの方針に逆らう変なサッカーを取り入れていると判断されているのかもしれない。2002年、2007年とチームの主力を…

Jsports「第31節・アルビレックス新潟戦」

2010/11/21放送、実況:君崎滋、解説:前川和也 レベスタではほぼ毎試合観に行っているもののこちらでは触れてこなかったアビスパだが、ユタカがスーパーな追加タイム決勝ゴールを決めて昇格しそうな時期だから、少し書く。両SB、CB、攻撃的MF、FWとJ1でやる…

Jsports「第30節・ガンバ大阪戦」

2010/11/17放送、実況:西岡明彦、解説:長谷川治久 12分、うまく持って上がったナカジからギシさんへのスルーパスはカジさんにカットされたけど、いかにもクラシックな10番ぽくてちょっとときめいた。 21分、周りに使われるタイプだと思っていたギシさんが…

Jsports「第29節・浦和レッズ戦」

2010/11/10放送、実況:君崎滋、解説:吉田安孝 最近のサカマガだかサカダイにベガルタ千葉のインタビューが載ってて、思い出の試合にナカジと2人でボランチ組んだ試合を上げたりやたらと話題に出てくると思ったら、同い年の同期入団だったのか。しかし同じ…

BS-hi「証言記録 兵士たちの戦争」第4シーズン

公式サイトの証言アーカイブス(http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/)の充実振りがものすごいことになっている。放送した番組全てどころか、収録された証言の未放送分も視聴出来るようになっている。そのうえ、戦時中のニュース映画も見ることが出来る。…

「ながら見」も出来ないTVドキュメンタリーなんて…

いまNHKの海外調査報道系ドキュメンタリー制作者のなかでは良い仕事をしている1人と思っている酒井裕氏の著作を読んでみた。せっかくなので以下に著書に書いてあった経歴をネット史料として引用しておく。 酒井裕(さかいゆたか) フォト・ジャーナリスト。1…